ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2018.5.24

東北に良縁 西田智慧子がレジェンズ2勝目達成

 2018年LPGAレジェンズツアー開幕戦 『グリーンアカデミーカップ』(賞金総額1,000万円、優勝賞金150万円)の最終日が24日、福島県白河市のグリーンアカデミーカントリークラブ(5,900ヤード/パー72)で行われ、LPGAツアー通算7勝の西田智慧子が3バーディー、1ボギーの71をマーク、レジェンズツアー2勝目を飾った。1打差の2位に鈴木佳恵が入った。(天候:晴れ 気温:23.4℃ 風速:8.1 m/s)

 西田智慧子が、ツアー通算7勝を挙げた経験と、インスピレーションでコースを攻略。ただ1人のアンダーパーをマーク。鮮やかな逆転Vを飾った。「去年のレジェンズツアー。初めて勝ったのが東北。この方角に縁があるのかなと思いました」。満面の笑みをたたえる。

 強風が吹き荒れ、各選手がスコアメークに悩んだ。「昨日は、風の計算がうまくいかない。池に入れたりもした。でも、きょうは風に慣れて、深読みしない。あまり神経質にならないことを心がけた」という。

 黄金世代と呼ばれる10代、若手が躍進している現在の女子ゴルフ界。切磋琢磨する気構えは同じでも、レジェンド世代は連帯感も素晴らしい。「私たちの世代は、一緒に回っている組から優勝者を出したい。みんな思っている。自分の調子が今ひとつでも、同じ組から優勝者を出したい。ゴルフはチーム戦ではないけど、そんなムードをつくってくださった」と、同伴競技者へ感謝を表した。

 現在、週に3回練習場、月2回はコースでレッスンを行っている。「人それぞれ、特徴が違うし、目標も違う。私はゴルフを難しく考えずに、楽しんでもらえることをモットーに指導している。今年は1勝が目標でしたけど、また次の目標ができた。鬼澤さんのように3連勝できたら…」。レジェンズ世代の活躍に注目したい。

【大会最終日 コメント】

鈴木 佳恵 (2位:±0)
「18番で首位に並んでいることを知って、心臓がドキドキしたし、お腹がキュンとなった。パーを取りたかった。プレーオフへ行きたかったです。今回でスコアを出すイメージがふくらんできた。来週のステップ・アップ・ツアーが楽しみです。また、来月のふくやカップマダムオープンで頑張ります」

笹山 麻紀 (3位タイ:+1)
「きのう、きょうと、パッティングのタッチが合っていた。ロングパットも2パットでいけたところが良かったと思う。しかし、もうちょっとバーディーパットが入ってくれたら…。それが残念。バーディー数を増やすことが、これからの課題です」

川久保 百代 (3位タイ:+1)
「きのうは、あまりイメージが出せなかったけど、きょうはバーディー先行。マズマズでした。この2日間、パッティングが良かった。ショットの練習をして、また頑張ります」

 同時開催のグランドシニアの部(賞金総額200万円、優勝賞金40万円 5,416ヤード/パー72)最終日は、首位と2打差でスタートした加納由美子が、通算5オーバーで逆転優勝。レジェンズツアー2勝目を飾った。

加納 由美子「レッスンでは、ゴルフは飛んでも曲がったら意味がない。アプローチとパッティングが大事と教えています。ここのインコースは本当に狭いし、きょうは風が強かった。後半はドライバーを使わず、ユーティリティの3番でプレーしました。それが良かったと思います」

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ