ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2008.10.17

富士通レディース 第1日目

2008LPGAツアー第31戦『富士通レディース』(賞金総額8,000万円、優勝賞金1,440万円)が千葉県千葉市緑区の「東急セブンハンドレッドクラブ」(6,588y・Par72)で開催された。

天候:晴れ、気温:22.5℃、風速:3m。心地良い日が差す絶好のコンディションのなか行われた初日。そのなか会心のスタートを切ったのは福嶋晃子。出だしの4連続バーディーを含む10バーディー1ボギーの63をマークし、今季3勝目へ向けて最高のスタートを切った。3打差の2位には三塚優子、さらに1打差の3位タイにはディフェンディングチャンピオンの横峯さくらと西塚美希世が続いている。

「久しぶりの60台だと思ったら、凄いスコアが出ちゃった」と自己ベストタイの好スコアに、驚いた様子で会見場に訪れた福嶋。その内容は「凄いのが入りました」と言うように、パットが絶好調のラウンドだった。3番で11m、8番で14mのバーディーパットを決めた後も勢いは止まらず、後半の12番ではバンカーから打ったアプローチが見事にカップインするなど、今季最多の10バーディーを記録。このロケットスタートに福嶋は「アイアンはごまかしながらやっている感じですが、パットが良いです。ラインもよく見えていますしね」と上機嫌。しかし、この好スコアの背景には思い切った作戦があった。「今までは練習しすぎて、色々考えてしまいました。今日は何かきっかけが欲しくて、今朝の練習をアプローチとパターだけにしてみたんです」と経験豊富の福嶋でも「初めて」という大胆な行動が会心のゴルフを生み出した。

2位 三塚優子 <6バーディーノーボギー 66>
「パットで苦しんでいたのですが、今日は長いパットが入っています。ようやく良くなってきました。ラフも短くフェアウェイも広く、のびのび打てて、飛ばし屋は有利だと思います。明日も今日みたいなゴルフが出来れば最高です」。

3位 横峯さくら <5バーディーノーボギー 67>
「パターがしっくりいかないので、昨年優勝時のパターに戻しました。ショット自体は悪くないので、4メートルくらいのパターが入ってくれれば。初日出遅れるケースが多いので、後は落ち着いて自分のプレーが出来ればいいと思います。明日はゼロからと思ってやります」。

3位 西塚美希世 <6バーディー1ボギー 67>
「パットが良く助かってます。昨年、成績が良かった(4位タイ)ことを覚えておらず、スタート紹介で言われたときに楽にスタートが出来ました。ショットも良くなってきているので相性のいいコース(’05年コースレコード64)で頑張りたい」。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ