ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2018.9.12

グランドシニアの部 黄璧洵が首位スタート

 <Photo:Ken Ishii/Getty Images>

 2018年レジェンズツアー公式戦『LPGAレジェンズチャンピオンシップCHOFUカップ』グランドシニアの部(賞金総額200万円、優勝賞金40万円)が9月12日、山口県下関市・下関ゴールデンゴルフクラブ(5,776ヤード/パー73)で行われた。大会第1日、イーブンパーで黄璧洵が首位。2位は3オーバーの加納由美子、3位は4オーバーで吉川なよ子がつけた。(天候:曇り 気温:26.3 ℃  風速: 4.2m/s)

  10番スタートの黄璧洵は後半、別人のようなプレーを披露した。1番、7メートルのバーディーを決める。「私がビックリした。まさか、入るとは…。ゴルフって、こういうことがあるから面白い」とうれしそうに語っている。前半は、1ボギー、1ダブルボギー。「ショットがいまひとつだった。それでも、バーディーチャンスが4回。ただ、パッティングの感覚が合わない。仕方がありませんね」。

 ジッとチャンスを待っていたのだ。それだけに、1番でロングパットが決まり、驚いたのだろう。そして、パー3の7番ではスーパーを披露。「ピンへまっすぐボールが飛んで行ったから、ホールインワン、と思ったぐらい」と満面に笑みをたたえた。勢いに乗って、8番の第3打、ピン20センチにつけ連続バーディーを奪う。ふくやカップマダムオープンへ続いて、今シーズン2勝目へ向け、アドバンテージを握った。

 「後半、良かったのはきのう、練習の後、大きなお風呂へゆっくり浸かったからでしょう。腰痛が出ないよう、しっかりとケアをする。あと2日間、何があるかわからないけど、ギャラリーさんにいいプレーを見てほしい」。熟練の技は、一見の価値がある。普段は、後進の指導も行っているだけに、アマチュアゴルファーの参考になること請け合いだ。


明日へ-ひとこと 最新情報

加納 由美子 (2位:+3)
「グリーンがとても難しい。3パットを2回、しました。バーディーチャンスをたくさんつくっただけに残念。きょうの反省は、バーディーをとった直後のホールでボギーを叩いたことです。ボギーのために、バーディーをとっているようでしょう。あすは、もっと耐えるプレーをしたい」

吉川 なよ子 (3位:+4)
 「前半は粘って、まずまずのプレーができた。でも、終盤はちょっと疲れたせいか、集中力がいまひとつだったような…。あと2日間残っています。しっかり疲れをとって、あすはいいプレーをしたい」

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA公式 facebookページ