ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2018.9.13

首位の黄璧洵 『最後までわからない』

 <Photo:Ken Ishii/Getty Images>

 2018年レジェンズツアー公式戦『LPGAレジェンズチャンピオンシップ CHOFUカップ』グランドシニアの部(賞金総額200万円、優勝賞金40万円)大会2日目が9月13日、山口県下関市・下関ゴールデンゴルフクラブ(5,776ヤード/パー73)で行われ、通算3オーバーで黄璧洵が首位を守った。2位は8オーバーの黄玥珡。(天候:曇り 気温:26.1 度  風速:2.4m/s)

 首位を守った、黄璧洵。ところが、笑顔がなかった。「後半、14番から突然、ショットがおかしくなった。ほとんど、左へ引っかかり気味になる。おかげで、まずまずだったパッティングまでさっぱりでしたよ」と首をひねる。

 スタートから、きょうは気合が入っているかのように映る。1番、1メートル、3番は9Iで2メートルにつけ、一気に2位以下を突き放す。8番でダブルボギーがあったものの、それ以外は手堅い内容でパープレーにまとめる。そして、13番は10Iで4メートルに。難しいラインを読み切り、バーディーを奪った。

 「よしっ、これからと思った。でも、思うようにいかない。どうしてだろう。あれだけショットが安定していたのに、アプローチまで左へひっかける。これではダメです」と反省の弁。ただ、百戦錬磨のベテランである。最終日へ向け、「出場するからには、優勝を目指しています。でも、勝負は何が起こるかわからない。きょうのようなショットでは、勝負にならないでしょう。このコースは、ショットが良くなければ、3パットが当たり前。そのぐらい難しい。しっかりと疲れをとり、あすは手前から攻めることを徹底します」。5打差のアドバンテージも、自戒の念を込め、話していた。



記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA公式 facebookページ