ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2018.10.5

心技一体 大山志保、ベテランの妙

<Photo:Matt Roberts/Getty Images>

スタンレーレディスゴルフトーナメント 東名カントリークラブ(静岡県)第1日

 好スコアのおすそわけは、自身が作成しサイン入りカード。大山志保の首位スタートは今季初めてだ。ロッカールームへ戻ると、カードが入ったケースを手に応援してくれたギャラリーの元へ向かう。丁重にあいさつを繰り返した。

 「ノーボギーのラウンドは、本当にうれしい。それから、風が吹いたからとても楽しい。ハイボールを打ち、フォローの風に乗せ、ストンと落とす。また、アゲンストではローボールで。技術を試すことができる。だから、私は風の中のラウンドが好き。イメージを浮かべると、体が反応してくれる。パッティングも、これかなぁというポイントが見つかった。あすからは、それを確信へ変えていきます」と好調の要因を話した。

 一方で、「前週から、練習ラウンドができるように…。(持病の首痛が)良くなってきて、元気になったと思います」と言葉が弾んだ。さらに、続ける。「(首痛は)気合だけでは克服できなかった。今までは気合で突っ走ってきたけど、これからは練習量などを工夫しながらベストのプレーをしたい。でも、私は足と腰が強い。体力には自信がある。よく食べて、良く寝ることが元気の源です。あしたは19歳(原英莉花)、20歳(新垣比菜)と若い選手と同組。どんなプレーを見せてくれるか、楽しみにしている。ということで、私はスコアだけ、目立つようにしましょう」。

 ちなみに、現在のカードがなくなった後は、ハロウィンバージョンが待機中だとか。これまた、ベテランの妙である。

このニュースをシェアする

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter