ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2018.10.10

熱戦 激戦 LPGA全日本小学生ゴルフT

 『第13回LPGA全日本小学生ゴルフトーナメント』が10月7日、福島県矢吹町・矢吹ゴルフ倶楽部(高学年:5,806ヤード/パー72、低学年:3,755ヤード/パー72)で団体戦、個人戦が開催された。全国9地区の予選会を勝ち抜いた90人、地元・福島推薦枠の4人をあわせ94人が参加。熱戦が展開された。個人戦・高学年女子の部で優勝した左奈々は、2015年に低学年女子の部でも優勝。女子初の2部門を制した。

団体戦優勝
男子団体戦:中部北陸地区代表
女子団体戦:近畿地区代表

個人戦優勝
高学年男子:橋本拓英(中部北陸地区)
高学年女子:左奈々(九州地区)
低学年男子:石口寛樹(近畿地区)
低学年女子:福田美来(近畿地区)

4-6年生女子の部優勝:左奈々(九州代表)※大会初、女子部門で、低学年の部、高学年の部を制覇
「風が強くて大変でしたけど、ショットが安定していいスコアにつながりました。ボギースタートでも、まだ、たくさんチャンスがあると思って、ラウンドしました。今回の優勝で、心が強くなった気がします」

4-6年生男子の部優勝:橋本拓英(中部北陸代表)
「後半、ショットがいまひとつだったけど、パッティングでカバーできたと思います。収穫は、コースマネージメントです。これからも、プロゴルファーを目指し、頑張っていきます」

1-3年生女子の部優勝:福田美来(近畿代表)
「バーディーが6つ取れました。パッティングが良かったです。距離をうまく合わせることができた。出場した全国の人たちと、仲良くなれたこともうれしいです」

1-3年生男子の部優勝:石口寛樹(近畿代表)
「とてもうれしいです。この大会に優勝するため、毎日3-4時間、練習してきました」

個人成績

団体成績


記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ