ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2018.11.4

次戦へ-ひとこと

<Photo:Ken Ishii/Getty Images>

TOTOジャパンクラシック 瀬田ゴルフコース 北コース(滋賀県)最終日

永峰咲希(2位タイ:-12)
「ショットは安定していました。3パットした13番は、行ってはいけない方向に行ってしまった。途中でスコアボードを見て、上がまさか(の展開)だったので、ビックリしました。意外にイケるかもと思ってからも、焦ることなく平常心でできました。もっともっと自分のスキルを上げていかないと、勝てないと思い知らされた大会でした」

C.シガンダ(2位タイ:-12)
「今年はいくつか惜しい試合がありました。でも、こういったプレーをしていれば、いつかはチャンスがあると思う。今日もノーボギーでしたし、3日間を通じてボギーは2つ。良いゴルフでした」

小祝 さくら(8位タイ:-9)
「今日は過酷な1日で全くチャンスにつかなかった。流れも悪かったですが、最後にバーディーで上がれて良かったです。気持ちの切り替えは早めにできていましたが、気持ちとショットがかみ合いませんでした。今日は伸ばすことができなかったので、来年リベンジしたい」

申 ジエ(11位タイ:-8)
「ショットは悪くなかったのですが、パッティングが全然入らなかった。最終組で久しぶりに小祝選手とミンジー・リー選手とラウンドできて、話もできました。残り少ないので、頑張って賞金女王を目指します」

ミンジー・リー(15位タイ:-7)
「今日の前半はとても悪かった。ダブルボギーの連続(7番、8番)。1ラウンド悪くても、あまり後悔しないように。残念な最終日でしたが、まだ最終戦のCMEがあるので」

アリヤ・ジュタヌガーン(19位タイ:-6)
「このコースは、とても狭く、グリーンも難しく感じました。今終わってほっとしていますが、課題も見つかった。パッティングをもっと練習する必要があります。次週、中国での試合に出場するので、今週悪かった部分を修正して頑張りたい」

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ