ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2018.11.17

Day 3~プラスワン 申ジエ

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

大王製紙エリエールレディスオープン エリエールゴルフクラブ松山(愛媛県)第3日

 賞金女王から、クイーンを連想し、ボヘミアン・ラプソディと話題が変わっていった。元世界ランキング1位の実力者は、独自の感性をもっている。適格な表現で言い表すことが本当にうまい。しかし、「ひとつだけ、言葉にはできないものがある」。ゾーンへ入ることだ。勝負の世界のアスリートがよく言葉にするもの。「うまくいえません。周囲のものが消えてしまう。まっしろな世界。私だけがコースでプレーしている…」と遠くを見るような目で、ポツリポツリと語り始める。

 「プロになってから毎年、10回ぐらいはプレー中、そんな感覚になります。ただ、今年は5回ぐらいでしょうか。ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップの最終日、ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメントの第1日と、日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の第3日と最終日。今、思い浮かぶのはそのぐらいです」。とりわけ、自身が最もゾーンを感じたのは、ワールドレディスサロンパスカップだった。「14番でとても難しいパーセーブをした時から、風景が白くなり、アドレナリンも出始めたと思う。イーグルの17番、第2打はいまだに信じられない。ずっと大会に出場していて、2オンが1度もなかった。でも、優勝がかかったあのシーンで、それができたことに驚いています」と振り返っている。

 不可能を可能にしてしまうのがスーパースター。大逆転で賞金女王となる最低条件は、残り2戦2勝だが、「チャンスがある限り、最大限の努力をします」と力強い。ただし、よく考えてみると、ターゲットはひとつだけではなかった。メルセデス・ランキングは現在1位。『LPGA Mercedes-Benz Player of the year』へ限りなく近い。年間を通じLPGAツアーで最も顕著な活躍をした選手へ贈られる。「まだ、1度もいただいたことがありません。私は、車が大好きですよ」。

 さて、冒頭の話題に戻ると、クイーンがなぜ、出てきたかといえば、理想の男性像が、「声がきれいな人」と話したからだ。美声といえば、フレディ・マーキュリー。現在、ヒット中のボヘミアン・ラプソディを今、最も鑑賞したい映画にあげる。さらに、「クイーンには伝説のチャンピオンという名曲もありますよ」と、見事な落ちがつき、お開きになった。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ