ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2018.11.22

宮崎の11月は豊かさ満載

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 宮崎カントリークラブ(宮崎県)第1日

 「てげうめぇ」。宮崎のやさい、くだもの。22日は、JA宮崎中央販売部部長・三秋慎一氏、営農部部長・宮路隆氏が宮崎カントリークラブを訪れ、宮崎の特産品をピーアール。「宮崎の味覚をご堪能いただきたい」とレストランの一角に、宮崎産の野菜やくだもののサラダ・フルーツコーナーを設置。選手から好評を博している。

 また、その横にはきゅうりの鉢植えも。JA宮崎中央は全国でもきゅうり栽培が盛んな産地の一つでハウス栽培を中心に年間約2万トンを出荷。みずみずしくパリッとした歯切れのいいこのきゅうりはビタミンCと多くのカリウムを含んでおり身体の水分代謝をスムーズにする働きがあるという。

 LPGA会長・小林浩美の目を引いたのが、胡蝶蘭。宮崎では、温暖多日照な気象条件を生かし、年間を通じて全国へ高品質な胡蝶蘭を出荷。大輪系を中心に数多くの品種が栽培されている。

 宮崎は農産品も魅力いっぱいだ。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ