ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2018.12.6

明日へ-ひとこと 最新情報

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

LPGA新人戦 加賀電子カップ グレートアイランド倶楽部(千葉県)第1日

三ヶ島 かな(3位タイ:0)
「すごく寒かった。その影響で、距離感を合わせることがとても難しい。1番、第2打で128ヤードが残った。いつもは9Iでピッタリだけど、きょうは10ヤード以上、ショートして…。でも、モノは考えよう。最初にはっきりわかってラッキーでした。ただ、常にクラブを1番手あげてどうなるか…。そんな恐怖心もありました。18番では試合でも、スタンドがない。それがとても新鮮でした。今回は優勝を意識せず、シード選手としてはずかしくない順位を目指します」

エイミー・コガ(3位タイ:0)
「雨の影響でパッティングの距離感が難しかった。寒くて、着込んでいるせいもあって、体が動かない。手打ちになって左にいってしまう。まだまだですね。プロテストトップ合格で、レギュラーツアーの後半戦に出場できました。勉強できたこと、経験したことを見てもらいたい。負けないように頑張って、良い思い出で18年のシーズンを終えたいです」

菅沼 菜々(3位タイ:0)
「天気予報できょうは雨。イーブンパーで耐えられたら−と目標を立てました。ただ、前半を1アンダーで折り返し、スコアを落としてしまったことが残念です。ファイナルQTから、いい緊張感を保つことができていると感じました。最終日は、同期の選手と楽しくプレーをします。そうはいっても、同期ばかりの試合ですから、違った意味でのライバル意識がありますね」

ジャン ジェナリン(3位タイ:0)
「2週間、試合がなかったので、前半はリズムをつかめなかった。しかし、気楽にプレーしようと思って、実行したらパッティングの感触がとてもいい。あしたは1打、1打をもっと大切にいきます。ただ、一生に一度の試合ですし、同組の選手とおしゃべりをしながら、最終日はもっと楽しくラウンドをすることを心がけたい」

大里 桃子 (7位タイ:+1)
「(ダブルボギーの)15番は、第1打で右へプッシュ。バンカーで2回、ショットを…。いろいろやってしまいました。1日を振り返れば、パッティングの調子がいまひとつ。先週、ラウンドをしていなかった影響もあると思います。ただ、予想していたより、上位のスコアが伸びていない。私はもちろん、優勝を狙います」

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ