ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.3.21

鈴木愛、連覇と2週連続Vへ挑戦

<Photo:Matt Roberts/Getty Images>

 2019年LPGAツアー第3戦『Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメント』(賞金総額1億円 優勝賞金1,800万円)が3月22日、大阪府茨木市・茨木国際ゴルフ倶楽部(6,219ヤード/パー71)で開幕する。21日は指定練習日。自身初の2週連続Vを目指す鈴木愛など、出場各選手が最終調整を行った。

 今季初優勝を果たし、ゆったりと構えているヒマなどない。調整を続けながら、鈴木愛は何度も首をひねっていた。「ショット、パッティングの精度、アプローチの技術…。どれを欠いてもスコアには結びつかない。今、言えるのは脳をフル回転させなければいけないことです。だから、すべてのプレーでより神経をつかう」。

 去年の優勝で、わかってはいても改めて挑戦意欲をたぎらせた。特に、大会連覇のカギを握るのはアプローチ。「去年も事前に、UTでアプローチの練習をしました。でも、試合でグリーンをはずすことがなかったから、使うことはなし」と振り返る。ただし、「今回は、より入念に準備を行った。この季節は、グリーンの周囲の芝が揃っているわけではありません。ショットの状態がいまひとつになった時、アプローチでウエッジは使えない。だから8、9IかUTの4、5番で対応しなければならない。しっかりと準備をしました」と話した。

 一方、開幕直後に目立つのは選手のマスク姿。花粉症で悩み、プレーで悩む。そんな選手は心からお気の毒と思うが、鈴木愛のマスク姿はプライベートのみだ。移動中、風邪などの予防のためにつけるだけ。「実家が製材業だったから、私の家族は花粉症が1人もいない。これは助かります」と笑っていた。プロゴルファーは天職だろう。両親へ感謝しなければならない。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ