ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.3.22

9番のパーセーブ 鈴木愛の執念を見た

<Photo:Chung Sung-Jun/Getty Images>

Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメント 茨木国際ゴルフ倶楽部(大阪府)第1日

 大会連覇、自身初の2週連続優勝へ執念のパーセーブ。第1日、鈴木愛の最大の見せ場は9番だった。1バーディー、1ボギーで迎えたパー5。第3打、突然、突風が吹き、100ヤードを打つはずが、何と50ヤードも残ってしまった。「ナイス、パーセーブ。ボギーを叩かなかったことで、とても気持ちが、前向きになった。本当に良かったです」。ガッツポーズが飛び出すほどだ。

 この日は、日本一のパッティングがさえた。流れを切らさず、後半で2バーディーを奪取。とはいえ、残り2日間の戦いを見据え、あえて反省の言葉を口にする。「きょうは、すごく我慢ができたと思います。それだけに、16番の1.5メートル、18番も1メートルをはずしたのは、ちょっと…。ラインはともに下りだったし、しっかりストロークできなかった。練習しないといけません」と話した。

 ちなみに、第2日は、「きょうのような強風なら、アンダーパー。風がなければ4アンダーでプレーしたい。1打、1打、しっかり考えてバーディーチャンスをたくさんつくりたいです」。また、前日から、集中力を研ぎ澄ますためにテレビなどは一切、シャットアウトした。マリナーズ・イチローの引退について質問されると、「エッ、そうなんですか」のひとことで、締めている。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ