ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.4.13

吉本ひかる しぶとさで初Vを-

<Photo:Matt Roberts/Getty Images>

スタジオアリス女子オープン 花屋敷ゴルフ倶楽部 よかわコース(兵庫県)第2日

 しぶとさが身上。吉本ひかるが4バーディー、ノーボギーで2位タイへ浮上した。この日、ド派手なプレーを披露したエイミー・コガとは身長差で24センチ。最終18番のナイスバーディーは、強烈なインパクトを残した。

 残り150ヤードからの第2打は、7Iで3メートルに。他でも、「しぶいパーパットが結構、決まった。あすは天気が良くないということですから、きょうはできるだけスコアを伸ばしたかった。集中力を高め、最終日へ挑みます」という。

得意クラブは、UTとミドルアイアン。「きのう、ホールアウトしてから、コーチにスイングチェックをお願いしました。リズムがちょっと速くなっていたようです。きょうは、そのリズムと出球を特に意識して、プレーすることを心がけました」と話した。今季はここまでトップ10が2回と躍進中。セールスポイントは、第2打の精度である。

 「いろいろなことを考えながら、プレーしても仕方がありません。(順位など)意識をしないで、精いっぱいのプレーをします」。プロ3年目、黄金世代の1人だ。同組には、エイミーの他、元世界ランキング1位の申ジエも虎視眈々と今季初優勝を狙っている。名前のように、ひかる存在となるか。ちなみに、名前の由来は誕生時、宇多田ヒカルが大ブレーク。当初、カタカナでヒカルと命名するつもりでいたが、「やっぱり、ひらがながいい」となったそうだ。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ