ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.4.16

申ジエ、連覇へ意欲 全英覇者ホールが出場 

 5月9日に開幕する、LPGA公式戦『ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ』(賞金総額1億2,000万円/優勝賞金2,400万円)。開催まで1カ月を切った15日、茨城県つくばみらい市・茨城ゴルフ倶楽部 東コースでメディアデーが行われた。今年は、2016 年以来、3 年ぶりに東コースへ移す。

 コースコンディションが素晴らしい。この日、ディフェンディングチャンピオンの申ジエが東コースをラウンドした。「最高の天気とコースコンディション。楽しい1日が過ごせた。皆さんに感謝します」と前置きし、「東コースはグリーンの落としどころ、狙いどころがより狭い。攻略が難しいと思います。3 年前もグリーンが固かったなという印象があって、アイアンの距離感がすごく大事になってくると思う。しっかり準備して、大会では、いいプレーをギャラリーの皆さんに披露したい。また、今年も優勝したいです。」と連覇へ向け、意欲的に語った。

 茨城ゴルフ倶楽部・倉持治総支配人が明かす。「毎年コースの改造を行っています。そして、今回は最高のグリーンコンディションを保つため約500本、松の木の間伐を行った。風通し、日照が良くなって、最高のコンディションを提供できると思います。コースが広々と見渡せる。ギャラリーの皆さんも、選手のプレーがより見やすくなると思います」とタイコ判を押す。

 一方、大会会長・小林浩美は、「春のメジャー、令和元年の初メジャーです。たくさんのギャラリーの皆さんに、お越しいただきたい。交通アクセスが最高。とても観戦しやすいコースです。見どころがいっぱい。見てほしい選手もいっぱい。エキサイティングな戦いを期待していただきたい。どこを切り取っても、見どころ満載です」と語った。

 今大会へ、昨年の「全英リコー女子オープン」を制したジョージア・ホール(イングランド)、韓国女子ツアーで通算 6 勝を挙げ、昨年末のロレックスランキング 38 位のオ・ジヒョン(韓国)がスポット参戦することが発表されている。


記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ