ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.4.18

レジェンドの音を聞く 上田桃子、Vのキーワード

<Photo:Chung Sung-Jun/Getty Images>

KKT杯バンテリンレディスオープン 熊本空港カントリークラブ(熊本県)

 心技体を整え、開幕へ。上田桃子の大一番がスタートする。静かだ。しかし、内に秘めた気迫が静かに伝わってきた。「去年、意気込み過ぎで空回り。モチベーションがなくなってしまったので、今年はしっかりと気持ちをコントロールしてプレーします」と誓う。

 ただし、絶好調とはいかない。「第4戦の後、風邪をひき、思うようなトレーニングができなかった。前週も全然、体に力が入らない。イメージはしっかりしていても、体がついていかなかった」と反省の言葉を口にした。しかし、ピンチの後はチャンス。再上昇のキーワードは「ガマン」だ。「宮崎まですごく調子が良かったから、60点のショットだと感じると、こんなはずじゃない-となってしまう。でも、残りの40点をカバーするのは心の持ちよう。すべてを受け入れ、これまで培ったさまざまなことを、私の引き出しから出していく。技術だけではない何かをプラスします」と話した。

 第1日は不動裕理と同組。これもプラスに作用するだろう。「ツアープレーヤーで打音が一番いい。それほど飛距離が出るわけではない。だけど、きっちりとボールを止めることができる。しっかりと勉強させていただきます。おそらく、第2打以降、不動さんが先に打つでしょう。すごく参考になりますね」と加えた。永久シードから学ぶことは大いにある。心の目を見開き、耳を澄ます。故郷でなければ実現しそうにない、飛躍の3日間−。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ