ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.5.19

次戦へ-ひとこと

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

ほけんの窓口レディース 福岡カンツリー倶楽部 和白コース(福岡県)最終日

申 ジエ(2位タイ:-9)
「最後に(バーディーパットを)決められてよかったと思います。今日は最善を尽くしました。ミニョンさんの優勝パットはプレッシャーもあったと思いますし、決めたところがすごかったです。いいプレーをしたミニョンさんは本当に素晴らしかった」

勝 みなみ(4位タイ:-8)
「(3連続バーディーの手ごたえは)全然なくて、今日は自分らしく笑顔で回るという目標だったので、最後まで楽しく笑顔で回れました。途中からパッティングが入らなくなってしまって、流れがつかみきれませんでした。ここは本当に難しいコースです。きょうのコンディションで、3アンダーで回れたことで成長を感じています」

河本 結(4位タイ:-8)
「バーディーの後にすぐボギーで、そのボギーも3パットでした。気持ちを切り替えるのが難しかった。後半はバーディーチャンスがすごく増えましたが、そこを決められませんでした。そこで1つでも決めていれば流れが変わったと思います。楽しかった1日ではありましたが、すごく悔しい」

原 英莉花(4位タイ:-8)
「悔しいです。(一番悔しいのは)16-18番のパッティングを決められなかったことですね。10番からアプローチしていないですし、すべて5メートル以内に寄っているので、それが1つでも入れば、また流れが作れたと思います。気持ちを切らさずに、目の前の一打に集中できたことが、今までと違います。次につながると思う」

金澤 志奈(4位タイ:-8)
「16、17番でボギーを打ってしまったのが、一番悔しいところです。桃子さんとまわれて勉強になりましたし、いい経験になりました。(優勝争いのプレッシャーは)特にありませんでしたが、(1番は)緊張感があって、ティーショットを曲げてしまいました。最後の3ホールが重要ですが、そこでスコアを落としてしまったところがこれからの課題です」

李 知姫(4位タイ:-8)
「ショットもパッティングも全体的にいい感じでした。このコースでこのスコア(66)を出したことがなかったので、いいスコアを出したいと思っていました。優勝した後、調子がいまひとつでしたが、調子が戻ってきた。このいい流れに乗って、次週以降頑張りたい」

菊地 絵理香(4位タイ:-8)
「ショットが良かったです。今日は少しだけパッティングが入りました。最後もいいバーディーで良かったです。次週につながります」

S.ランクン(10位タイ:-6)
「トップスタートでしたので、リズム良く回れました。あす、タイに帰るので、いいイメージで終わることができてうれしいです」

鈴木 愛(14位タイ:-5)
「ドライバーショットは結構よかったですが、アイアンがあまり良くなくて。いいショットしても風で奥に行ったり、転がらなかったり。後半はチャンスにつけてもなかなか入りませんでした。この2日間、いいゴルフができたかな、とは思います。優勝に手が届く位置まで持ってこれたので、良かったです」

大城 さつき(20位タイ:-3)
「疲れました。きょうはいい感じかなと思っていましたが、後半の10番で短いパットを外してから流れがつかめませんでした。楽しくはできましたけど、このスコアではだめですね。前半34で回って後半42のスコア76というのが今年2回目です。いい流れできているのにどうしていつも崩れるんだろうと思っていました。その原因が分かったので、今後それを活かして頑張りたい」

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ