ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.7.5

仲宗根澄香 3年振りの圧勝V

<Photo:Matt Roberts/Getty Images>

 2019年LPGAステップ・アップ・ツアー第9戦『Skyレディース ABC杯』(賞金総額3,000万円、優勝賞金540万円)大会最終日が7月5日、兵庫県加東市・ABCゴルフ倶楽部(6,485ヤード、パー72)で行われ、仲宗根澄香が通算18アンダーで3年振り3度目の優勝。2位のサイペイイン、アマチュアの古江彩佳に7打差をつける圧勝だった。(天候:曇り 気温:25.3℃ 風速:4.1m/s)

 ゴルフは自分との戦い。仲宗根澄香は圧倒的なアドバンテージを握っても、ひたすら自身のプレーに徹底した。第2日、ステップ・アップ・ツアーレコードを更新する62をマークした勢いをそのままキープ。この日も、ノーボギーのラウンドで、6バーディーを上積みする素晴らしい1日だった。「きのうの私と、比較しないように心がけた。きのうのプレーが当たり前と思ったら、欲が出るからです。きょうは、きょうの私のゴルフがあるでしょう」。実に淡々としていた。

 「速報ボードは、最後まで見なかったです。だから、内心ではずっとドキドキした。きのう10アンダーをマークすることができたということは、他の選手もそのスコアを出す可能性があるでしょう。どんなに頑張っても、結果だけはコントロールできないから…」といい緊張感を保ちつづける。その上で、「3日間、心掛けたことは、パーオン。パッティングは、ラインとスピードをイメージし、あとは打つだけです」と徹底したことも、安定したプレーの要因だった。

 連続バーディーで17、18番を締めて、つけ入るすきを与えない完勝だ。通算18アンダーは、ステップ・アップ・ツアーの54ホール最少ストローク記録を4打も更新するレコード。加えて、2位へ7打差は、ステップ最多差優勝のタイ記録だ。「18アンダーも、7打差も、本当にすごい。そんなプレーを私が…。不思議です」と真顔で話す。「去年、調子が良くない時期でも、家族は何も言わない。見守ってくれました。何も言わずに見守ることは、簡単ではない。両親の思いやり、気遣いに感謝です。だから、優勝したかった」。このときばかりは、涙がにじむ。

 シーズン中盤の大一番。今回の優勝で、ステップの年間獲得賞金ランキング2位へ浮上した。「優勝で、ファイナルQTからの出場権を獲得できたことは、本当に大きい。さらに、年間を通し、2位以内なら来年のLPGAツアー前半戦の出場権を獲得できる。新しい目標です」。記録にも記憶にも残った圧勝劇は、自信と勇気の証明だった。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter