ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.7.6

復活の手応え イボミが68

<Photo:Atushi Tomura/Getty Images>

資生堂 アネッサ レディスオープン 戸塚カントリー倶楽部(神奈川県)第3日

 復活の足音が聞こえる。イボミが通算8アンダー、7位タイで最終日へ向かう。現在、取り組んでいるのは、「新しいスイングをものにすることです。前週、悪かった点を反省。それを練習しながら、ようやくショットがかみ合ってきました」と手応えを感じた。さらに、好調をバックアップしたのは、ペアリングだという。世代の異なる大山志保、脇元華とコースでの女子会は楽しそうだった。「途中でフルーツを食べました。3人で心から楽しい1日」と笑顔がはじける。

 「ゴルフは、メンタルも大事。笑顔でプレーしなければ、いいプレーができない。大山さん、脇元さん。それから、皆さんにも感謝をします」。この日の取材はとても、うれしそう。今大会、優勝トロフィーは太陽の下で輝き、優勝者を称える江戸切子プレート。コンセプトの『強く、美しく、輝くとき。』を表現している。というわけで、今の自身を「輝くとき、です。自信満々にコースを歩きたい」。それは、あすかもしれない。

(メディア管理部・鈴木 孝之)

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ