ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.7.12

サイペイイン 4度目の挑戦

 2019年LPGAステップ・アップ・ツアー第10戦『ECCレディス ゴルフトーナメント』(賞金総額2,000万円、優勝賞金360万円)大会第2日が7月12日、兵庫県神戸市・北六甲カントリー倶楽部 東コース(6,447ヤード、パー72)で行われた。通算7アンダーの首位は、台湾出身のサイペイイン。1打差の通算6アンダー、2位にアマチュアの西村優菜が続く。通算5アンダー、3位タイは今綾奈、キムチャンミ。(天候:晴れ時々曇り 気温:27.7℃ 風速:3.8m/s)

 サイペイインは好調期間が長い。直近4試合で2位、6位、5位、2位。第5戦のツインフィールズレディーストーナメントから毎試合、優勝争いを演じている。というわけで、「そろそろ、勝ちたい」というコメントが何度も聞かれるのだ。

 首位タイからスタート。この日も「楽しめた」と満面の笑みで振り返る。2番で10センチに寄せるスーパーショット。14番では素晴らしいパーセーブを披露した。「ボギーを叩いた直後だったから、本当に大きな1ストローク」と話した。イヤな流れを断ち切っている。16番のバーディーで、単独首位へ浮上。第2日を終えた。

 好調の要因は、スチールとカーボンの複合シャフトのパターだ。「いろいろな人が使っている。どんな打感だろうと、気になって仕方がない。実際、使ってみると、球離れが良いし、速いグリーン、重いグリーンでも、距離感がピッタリ。当初はメーカーさんからいただける予定だったけど、早く使ってみたい。ルートインカップで、ゴルフショップに行って、買っちゃった」と、市販のパターで好成績を残している。

 最終日、最終組からのスタートが、あすで今季4度目だ。「勝ちたいけど、あすも楽しんでプレーすることが第一です」と自然体でトライする。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ