ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.7.13

サイペイイン 待望のステップ初V

<Photo:Toru Hanai/Getty Images>

 2019年LPGAステップ・アップ・ツアー第10戦『ECCレディス ゴルフトーナメント』(賞金総額2,000万円、優勝賞金360万円)大会最終日が7月13日、兵庫県神戸市・北六甲カントリー倶楽部 東コース(6,447ヤード、パー72)で行われ、サイペイインが通算10アンダーでステップ・アップ・ツアー初優勝。1打差の通算9アンダー、2位タイに堀琴音、キムチャンミ、アマチュアの西村優菜が入った。
(天候:曇り時々雨 気温:24.8℃ 風速:0.6m/s)

 ウイニングパットを決め、両手を天に突き上げる。惜敗続きのサイペイインが、来日9年目で、初優勝を飾った。「堀琴音さんが9アンダーでホールアウトしたことを、まったく知らない」。底力を発揮したのは、上がり2ホールだった。

 17番。「ピンが奥に切ってあったから、第1打はラフで逆に良かった。もし、フェアウェイから打っていたら、グリーンでショートしたかもしれない。うまくボールが転がったのが幸いです」という。ピン奥4メートルから、鮮やかにバーディーを奪う。

 通算9アンダーで、ホールアウトした堀、アマチュアの西村と並んだ状況で、最終ホールを迎えた。第1打はフェアウェイキープを最優先し、残りは、ピンまでは116ヤードの第2打は、「気持ちを込めた」という。1.5メートル、上りのスライスラインにつけた。

 「ツインフィールズレディーストーナメントでは、優勝した川岸さんと並んで、最後にバーディーを獲れなかった。だから、今度は絶対決めると思ってストロークを。指導を受ける島袋美幸さんから、ペイインはスライスラインがよく残るね−といわれたから、練習量を増やした。きょうは島袋さんの見ている前で、優勝できて本当に、本当によかったです」と激闘を振り返った。

 待望の初優勝。とはいえ、涙はなし。うっとうしい梅雨空を、さわやかな微笑みが吹き飛ばすようだった。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ