ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.7.31

ひまわりの夏 小倉が首位発進

 2019年LPGAステップ・アップ・ツアー第12戦『カストロールレディース』(賞金総額2,000万円、優勝賞金360万円)が7月31日、千葉県市原市・富士市原ゴルフクラブ(6,506ヤード、パー72)で開幕。黄金世代の小倉ひまわりが岸部桃子、福田侑子、上原美希とともに4アンダーで首位に立った。1打差の3アンダー、5位タイは井上りこなど、4人が続いている。(天候:晴れ時々曇り 気温:32.9℃ 風速:2.9m/s)

 最高気温35.2度。ノーボギーのラウンドを展開した小倉ひまわりは、やはり夏がお似合いだ。前半を33で折り返し、「10、11番はマネジメントミス。うまく切り抜けられました。後半は16番で、バーディーがとれたので良かったです」という。プロ入り初の首位スタートを切った。

 今年は、LPGAツアー6試合、ステップ・アップ・ツアー4試合へ出場。「あまり調子が良くない」と話している。とはいえ、こんなほほえましいエピソードを明かしてくれた。アース・モンダミンカップは、出場資格がない。当初、小学校の頃から家族ぐるみで付き合いがある、同級生の結婚式へ出席予定だった。ところが、選考会をトップ通過。挙式と指定練習日が重複し、欠席することに。「姉妹のように、ずっと一緒でした。彼女もプロを目指して、練習していたのです。お互い、何を考えているかわかる。当日は、あいさつする予定でしたから、本当に申し訳なかった」という。

 ただ、当日は悪天候。9ホールで練習を切り上げることになった。というわけで、「成田市内での結婚式。急いで駆け付け、披露宴終了20分前に到着しました。改まった服を用意しておらず、スニーカーを履いて。入るとき、ちゅうちょしたけど、勇気を出してお祝いを伝えた。家族の皆さんも喜んでくださって、本当に良かった」。やさしい心と、ひまわりのような笑顔が特長だ。前週、21歳の誕生日を迎えた。もちろん、今夏は大輪の花を咲かせなければならない。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ