ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.8.3

藤田さいき ホールインワンでゾクゾク

<Photo:Atsushi tomura/Getty Images>

大東建託・いい部屋ネットレディス 鳴沢ゴルフ倶楽部(山梨県)第3日

 久々に経験する1.5Rを藤田さいきは、「すごく疲れた。久しぶりですね。最後は足があがらなくなってビックリした」と、ジョークをまじえながら振り返る。とはいえ、頑張った選手にはいいこともあった。早朝から再開した2Rの17番。140ヤード・パー3をPWで会心のショットを放つ。

 「ボールがカップインしたところを見た。打った瞬間、全身がゾクゾクとして。完ぺきでしたね。その後、すぐに看板を見たら、賞金は200万円。でも、決勝ラウンドのみと…。予選ラウンドでした」と大喜びの直後、我に返ったそうだ。しかし、スポンサーから賞金50万円が贈られた。試合では5度目。通算8度目のホールインワンに喜びがあふれる。足かけ2日で、65と今季のベストスコアをマークした。

 勢いに乗って3Rへティーオフ。ただし、いいことばかりは続かない。ひとことでいえば、忍耐だった。同組はディフェンディングチャンピオンの黄アルムと、アマチュアの古江彩佳だった。とりわけ、古江は、「ラウンド中、疲れたなんて-表情に出てこない。うらやましいなぁ。私の年齢の半分とまではいかなくても、若い」といい、「体力的なものは違っても、経験がありますからね。それなりには、できる」。最終日もまた、同じペアリングだ。

 「せっかくのチャンス。とりあえず、体を休めます」と締めくくる。あすのスーパーショットも、乞うご期待-。

(メディア管理部・中山 亜子)

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter