ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.8.6

シンデレラ凱旋 時代が生んだ渋野日向子

<Photo:Atsushi tomura/Getty Images>

 規格外のプロゴルファー、渋野日向子が8月6日、帰国した羽田空港で凱旋会見を行った。トレードマークの笑顔をふりまき、「ゴルフを学びに行って、優勝しちゃいました」のひとことで爆笑を誘う。42年ぶり、史上2人目のメジャー制覇という快挙を成し遂げた。LPGAツアー初優勝時についた、シンデレラの冠は一気に世界へ拡散。これほどのサクセスストーリーは、もちろん史上初だ。

 昨年7月、最終プロテストに合格。最新のロレックスランキングで14位へジャンプアップした。とはいえ、時代も後押ししたことを忘れてはならない。「中学1年の時、ステップ・アップ・ツアーの山陽新聞レディースカップに出場して、プロを目指そうと思った」という。LPGAは2013年からツアー強化へ着手。17年からステップ・アップ・ツアーが、ロレックスランキング対象ツアーになった。

 プロ1年目、ステップ未勝利ながら、18年は563位にランク。明けて19年、ファイナルQTランキング40位の資格で、LPGAツアーの出場権をつかんだ。前代未聞の快進撃がスタートしたのは、KKT杯バンテリンレディスオープンの第2日から。第1日、最下位スタートにもかかわらず、66をマークし、予選突破を果たしたことが転機になる。以降、ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップで初V。ロレックスランキングが97位へ跳ね上がった。そして、資生堂アネッサレディスオープンで通算2勝目をあげ、50位に。

 「今年は、静かに生きていこうと思っていました」と改めて振り返った。全国区、それも世界が認めるアスリートへ大変身したことに、「注目されることは本当にありがたい。でも、想像以上です。本当に、本当にびっくりです。実は、全英女子オープンへ出場するため、イギリスへ到着した時から、日本に帰りたいと思った」。まさに、人生のサプライズである。 

 時流に乗って素質が開花し、技術的にも「数値があがっていた」。強化策の一環、スタッツをより細分化したことで、自身をしっかりと把握する。アナリストとしても、隠れた才能を発揮した。加えて、最大の特長は4日間大会に強いことだ。これまた、ツアー強化で72ホールの勝負を増やした、スポンサーの支援の賜物だろう。

 渋野は、オールジャパンで取り組んだツアー強化策の結晶ということもできる。強さの秘密を質問され、「最終日、最終組で笑っていられることです。東京オリンピックは、まだ選ばれていないけど、金メダルをとりたい。自国開催ですよ」。シンデレラは予言した。

                          (メディア管理部・中山 亜子)


記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ