ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.10.3

明日へ-ひとこと 最新情報

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

日本女子オープンゴルフ選手権 COCOPA RESORT CLUB 白山ヴィレッジゴルフコース QUEENコース(三重県)第1日

ペ ヒギョン (1位タイ:-8)
「ショットの感触がすごくよかった。(前週の9月28日が誕生日)プレゼントは父からお小遣いをもらいました。韓国では28歳だけど、日本にいるとまだ27歳でいられるのがいい。少し若返った気分です。第2日はスタートが(6:54)早いので3時30分起床。きょうは19時に寝て、いいプレーを見せます」

ペ ソンウ(3位タイ:-7)
「大山(志保)さん、(キム)ハヌルさんと3人でテンポ良くプレーできました。考える余裕もあり、いい緊張感を感じることができた。今朝、インスタを拝見しました。歴代チャンピオンの写真を見て、すてきだなと思いました。まだ、第1日を終えたばかりで軽はずみなことは言えませんが、うまくできたので、うれしいです」

大里 桃子 (5位タイ:-6)
「前半にロングパットが決まって、それで乗っていけた。最近のゴルフとしたら85点ぐらいです。残りの15点は最後でバーディーが獲れなかったこと。1日5アンダーが目標なので、ひとつ貯金ができました。悔しい思いばかりしているので、頑張ります」

篠原 まりあ (7位タイ:-5)
「第1打でフェアウェイキープできました。ショットの感触が全体的に良かったです。スコアを伸ばせるセッティングなので、ムダなボギーを打たないように、しっかりと伸ばしていきたい」

下川 めぐみ (7位タイ:-5)
「バックスイングを遠くにあげるように意識しています。ショットの感触がすごく良くなった。(LPGA)小林会長から目標スコアを設定するようにと、アドバイスをいただき、1日5アンダーを目指しています」

畑岡 奈紗(7位タイ:-5)
「ティーショットが安定せず、思うようなショットが打てなかった。1-2番はグリーン周りからもうまくいかず、悪い流れでスタート。(中盤から)うまく立て直すことができた。途中で、ボールとの距離が遠いと感じたので、少しだけ変えてみたら、いいショットが打てた」

原 英莉花(7位タイ:-5)
「久しぶりに距離感とイメージとが合った。きょうの目標が5アンダーだったので、取りあえずはクリア。ずっと調子の悪いラウンドが続いて、練習でつかんだものがある。それがうまく結果につながれば、また自信が持てる」

申 ジエ (14位タイ:-4)
「いいスタートが切れたと思います。多くのギャラリーさんからご声援をいただいて、気持ちがすごく良かった。感謝しています。ショットは悪くないので、ベストをつくしてプレーしたい」

ユ ソヨン(14位タイ:-4)
「アイアンでうまく寄せることができ、パッティングもよかった。1年を通してティーショットが課題。前週は調子が良かったのに、今週に入って少し崩してしまった。しっかりと調整して、残り3日間しっかりとフェアウェイをとらえていきたい」

イ ボミ(19位タイ:-3)
「もう少しパッティングが良ければ、あと2つくらい伸ばせた。1番ではティーショットを右ラフに入れてしまいましたが、10メートルの長いバーディーパットが入った。まだ、大事な試合が残っているので、シード権を確定させたい」

安田 祐香(29位タイ:-2) ※アマチュア
「前半、ラフに入ってもパーセーブできた。ミスしてもアプローチでカバーできたのは良かった。後半は2番でボギー。そこはショットを狙ったのが、右にいってしまった。難しいラフでした」


記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter