ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.12.18

しぶこ-宇宙へ羽ばたく 渋野日向子は4冠

<Photo:Ken Ishii/Getty Images>

 百花繚乱のスーパーファイナル『LPGAアワード2019』が12月18日、都内のホテルで開催された。LPGA Mercedes-Benz Player of the Yearに輝いたのは、渋野日向子。LPGA 資生堂ANESSA Beauty of the Year、メディア賞『ベストコメント』部門、LPGA輝き賞と併せて4冠を達成し、今季のLPGAツアーを席けんした熱狂を再び、ステージでも展開した。

 満願成就。晴れのステージに渋野日向子は夢見心地の様子で、「いつか、私もステージに立ちたかった。夢のひとつだったけど、とても早く願いがかなってうれしい。本当にありがとうございます」と、しみじみと語った。そして、満足そうに、「それだけのことをしたのですね。ありがたい」とも。

 19年、スポーツ界の顔となった。オフとはいえ、スケジュールはぎっしりとつまっている。「こんなことは初めて。お仕事をいただいて、楽しいです」と言葉が弾む。この日のために、ドレス選びはプレー同様、真剣。「いろいろと試着してみて、決めました。コンセプトは、普段よりもかわいい服を。髪をアップにして、ちょっとはずかしい」。さらには、独自の表現で、「宇宙系のプリント。つまり、宇宙へ羽ばたいていこう-でしょうか」と一気にボルテージが上がる。

 世界を飛び越え、宇宙までーとはさすがに新世代のニューヒロインだ。20年は前半、東京オリンピックの日本代表を目指し、終盤は米ツアー挑戦のQスクールを受験予定。「高めの目標設定をします。ただ、Qスクールを受験したりするので、賞金ランキングはトップ10です」と、堅実だった。また、ディフェンディングチャンピオンとして出場する全英女子オープン連覇についての手応えに、「撃沈」と即答して大笑いをとる。

 ちなみにLPGAメルセデス最優秀選手賞の今季獲得ポイントが、555.5ポイントだったことを知らされ、「おっ、5並び。来年もゴーゴーゴー」と、抜群のノリである。副賞について、「あのモデルのメルセデスが大好き」と前置きし、「賞金だけがすべてではない。結果を出し続けた1位です」と誇らしそうだ。

 それでも、「表彰式が4回。1回ですべてを渡してくださったら…。なぜかといえば、恥ずかしいからです」と本音を漏らす。当初、5分の取材予定を大幅に延長した。19年、最後までサービス精神が旺盛で、次々と飛び出す独特の表現にも磨きがかかる。ステップアップ、パワーアップ、無限大の可能性を改めて感じた。


LPGAアワード2019受賞者はこちら→

このニュースをシェアする

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter