ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2020.6.24

畑岡奈紗 卓球台購入の異色エピソード

<Photo:Ken Ishii/Getty images>

アース・モンダミンカップ 指定練習日 カメリアヒルズカントリークラブ

 畑岡奈紗にとって、6月24日は特別な1日。2年前のきょう、NWアーカンソー選手権で、米ツアー初優勝を飾った記念日にあたる。「きょう、練習ラウンドをしていて、そういえばツアーが順調だったら、今はどこにいるのだろう。そんなことを話していました」という。

 すでに、今季は2戦を消化。いずれも2位と好調なスタートを切った。ところが、新型コロナウイルス感染症の影響でツアーは中断。3月下旬に帰国。「試合は約5カ月ぶり。アースさんが開催してくれるのは、本当にありがたいです。練習ラウンドは万全にできました」。淡々と語っている。前日に18ホールをプレー。この日は前半の9ホールで最終調整。今大会は初出場だ。

 「印象に残るのは、長い距離のパー3、9番です。グリーンが新しいということで、コンパクションがちょっと違ってカタい。また、天気しだいで風の方向などが変わりそうなので、十分に気をつけたい」とポイントを話す。自粛期間中は外出を最小限に減らし、自宅で調整を続けた。異色だったのは、ゴールデンウイークへ入る前に購入した卓球台。

 「アメリカでツアーを転戦していると、ホテルに卓球台が設置しているところがある。母とやったけど結構楽しい。そんなところから、自宅で楽しく体を動かせるものは、と考え卓球台を買いました。プレーするのは家族。レベルはほぼ同じでも、70歳を過ぎた祖母が強いです」と笑っていた。他ではエアロバイクを毎日漕いで、「体脂肪を落とした。スイングの切れが変わります」とも。

 一方、日本人選手ではワールドランキング4位と最上位につけている。今年、開催予定の東京オリンピックは21年に延期されるが、「中止にならなかったことが良かった。来年、開催できれば金メダルを目指して頑張ります。今年は、試合のスケジュールがわからない。とにかく、1試合ずつ、シーズンを通していいプレーをしたいです」。もちろん、今大会も全力でベストプレーを心がける。


記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter