ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2020.7.6

諸見里、最年少3冠達成&大逆転のプレイバック2009

<Photo:Ken Ishii/Getty images>

 日本女子プロゴルフ選手権大会 コニカミノルタ杯は前年から、賞金総額が4,000万円アップの1億4,000万円、優勝賞金2,520万円の大会史上最高額となった。賞金ランキング1位を走る諸見里しのぶが、首位で最終日を迎える。1、3番でボギーを叩き、馬場ゆかりに並ばれたが、4、6番のバーディーで再び、首位へ。以降も安定したプレーを続け、2位に6打差の独走で快勝した。大会初制覇を果たすと同時に、23歳59日で史上最年少での公式競技3冠を達成。

 一方、賞金女王争いは、8月に賞金ランキング首位に立った諸見里がアドバンテージを握った。一時4,000万円以上の差をつけ独走態勢を構築したが、3人が猛追。ツアー最終戦LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ最終日、横峯さくらが5打差5位タイから大逆転Vを果たす。1打差2位タイの諸見里を抜き去り、初の賞金女王に輝いた。

 このシーズン、横峯、諸見里が6勝、有村智恵が5勝、全美貞が4勝をあげている。上位4人で全34試合の6割強にあたる、21勝をマークした。

【賞金ランキング】
1位 横峯さくら  ¥175,016,384
2位 諸見里しのぶ ¥165,262,708
3位 有村智恵   ¥140,804,810
4位 全美貞   ¥127,288,876
5位 三塚優子  ¥127,288,876

【あゆみ】
4/9-10 ステップアップツアーを海外で初開催(レオパレス21 in Guam)
9/13  諸見里しのぶが史上8人目の公式競技3冠を達成
11/29   年間ギャラリー数が60万人を突破

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter