ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2020.8.29

明日へ-ひとこと 最新情報

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

ニトリレディスゴルフトーナメント 小樽カントリー倶楽部(北海道)第3日

吉本ひかる(-8:3位タイ)
「前半は耐えながらのゴルフでした。ショットの調子があまり良くなく、思い切りやろうと切りかえた。16番ホールで、7番ウッドを振り切ったら、うまくいきました。あすは天気があまり良くなさそうなので、しっかり耐えながら頑張りたいと思います」

六車日那乃(-8:3位タイ)※アマチュア
「きのうの夜までは緊張していましたが、回ってみると全然緊張しませんでした。でもスコアボードで自分が上にいるのを見て、ちょっと不思議な感じがありました。あすは、まずフェアウェイキープをしっかりして、メリハリをつけたゴルフをしたい」

李知姫(-5:7位タイ)
「後半、雨が降ってきてグリーンが少し遅くなって、まわりやすくなった。距離が残って苦労しました。その中で60台が出てよかった。あすは、トップ5を目指して頑張ります」

濱田茉優(-5:7位タイ)
「なんとか、踏ん張っている。耐えている感じです。あすは、天気も悪いしタフになると思う。きょうまでの3日間以上に、必死にパーを取れるところを探して、我慢してチャンスを生かしていきたい」

安田祐香(-5:7位タイ)
「ドライバーショットは良くなっている。バーディーチャンスに付いてスコアにつながった。(16番のダブルボギーのセカンドショット)5番アイアンで打ったが、思ったよりも右に出で池に入ってしまった」

大山志保(-4:9位タイ)
「ショットが良かったのですが、後半のチャンスには、ことごとくパッティングが入らなかった。17番あたりから雨が強くなって、クラブ(の番手)がきのうと比べて、全然違いました。あすは、今できることを最後までやり通したい」

仲宗根澄香(-4:9位タイ)
「小樽CCで8バーディーはうれしい。パッティングのタッチを意識したら、長いのが入った。これまで結果を出そう、出そう、と空回りしていたが、もう一度ゴルフを楽しみながら、目の前の球をどうするかを課題にプレーしていた。そこをやり切れたことがうれしい。あすも、結果に意識がいかないようにしたい。それができれば、今後の自分自身の成長につながると思います」

沖せいら(-4:9位タイ)
「セカンドショットが全くダメでした。8番ホールで池に入れてしまって、流れを悪くしてしまった。そのあと3連続バーディーで流れを取り戻せたと思いましたが、すぐにボギーが出て波に乗れませんでした。あすは上を目指すだけ。怖がらずにピンを攻めます」

永峰咲希(-3:13位タイ)※ニトリ所属
「バーディーチャンスが多く、その中で4つ獲れた。終始ドタバタするゴルフではなかったので、日に日に調子が良くなっている。あすは、天気に負けないように爆発したい。上位がどんどん伸ばしているので、私も負けないように頑張りたい」

青木瀬令奈(-1:27位タイ)
「涼しくなってよかったです。きのう、一昨日と出だしが悪かったのですが、そのことは忘れてできたので、今日も気負わずプレーできたのが良かった。この難しい小樽CCで60台はめちゃくちゃうれしいです。あすは、小樽でのプレーを楽しめるように頑張ります。明日は晴れてほしいな。テルテル坊主を作ります」

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter