ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2020.10.16

明日へ-ひとこと 最新情報

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

富士通レディース 2020 東急セブンハンドレッドクラブ(千葉県)第1日

テレサ・ルー(2位タイ:-3)
「アイアンの距離感がよかった。ピンポジションが難しくて、逃げたショットがうまくピンに寄っていきました。ラッキーですね。明日は寒くて雨。全然飛ばなくなる。がまん大会になるでしょう」

比嘉 真美子(2位タイ:-3)
「何か特別よかったわけではなかったのですが、ショットもパッティングも安定していた。特にティーショットがよくてフェアウェイキープでき、良いポジションからセカンドを打てたのが、きょうのスコアの要因だと思います。あすは雨予報で、寒くなりそうですが、寒さは苦手なので、とにかく温かい恰好をして、気持ちで負けないようプレーできれば、優勝争いに食い込んでいけると思います」

稲見 萌寧(2位タイ:-3)
「ショットは少し良くなりました。でも、必死でした。その中でも、パッティングが入り、助かりました。私にしては、パッティングがよかった。17-18番のバーディーはほっとしました。優勝した翌週が大事だと思っていますが、知らず知らずのうちにプレッシャーがかかっていたのかな」

李 知姫(7位タイ:-2)
「(18番は)アゲインストの風が強かったので、とても長く感じました。セカンドショットも200ヤード+アゲインスト。3Wで打ちましたが、ライも良くなかったのもあり、届きませんでした。(きょうを振り返って)バーディーがたくさんとれたので、流れよくラウンドできました。特にパッティングが良かった。実は、3年ぶりにグリップを新しいものに変えました。それがしっくりきました」

藤本 麻子(7位タイ:-2)
「(きょうは)よかったです。前半はボギー先行でしたが、なんとか耐えて。後半はロングで2つバーディー。焦りなくできました。(ここ最近の調子は)悪くないのですが、かみ合いません。少し消極的になっていたかなと思います。きょう、どこに打ってもダメならどこでもいいやという気持ちで打ったら、いいところにいきました。(明日は)体調管理をしっかりします。気温が下がるし、飛距離も落ちるでしょう。よく考えて、番手や距離感のジャッジをしっかりしたい。難しい一日になりそうですが、いいプレーできるようにがんばります」

申 ジエ(7位タイ:-2)
「風が強い中で、ノーボギーはよかった。きょうはグリーンまわりが良かった。チップインバーディー、チップインパーもありました。(明日は)自信をもってショットを打てば、もっと良くなるはず。しばらく試合から遠ざかっていましたが、徐々に自分のペースが戻ってきていると思います。あすも焦らず、自分のペースでプレーしていきたい」

笹生 優花(7位タイ:-2)
「集中したいいプレーができました。しっかりとパーセーブしたのが良かった。少しショットの練習をしないといけないかな。(あすは)冷えないように、温かくします」

柏原 明日架(7位タイ:-2) ※富士通所属
「後半、少しずつショットの調子が戻ってきて、バーディーチャンスにつけることができましたが、あと2つくらい伸ばせたと思います。1日トータルすると、いいスタートが切れた。所属先の大会ですが、毎年、良い結果を出せていないので、そろそろ上位で戦っている姿をお見せしたい。最後は一番いい位置で終わりたい」

古江 彩佳(47位タイ:+2)
「(スタートで)ディフェンディングチャピオンと紹介されるのが、自分でもかっこいいと思いながらひそかに幸せを感じていました。ショットが安定していなかったですし、ピンにさしていくショットができていなかったので、リズムをつかめませんでした。(明日)何が起こるか分からないので、パーセーブを重ねて、楽しんでゴルフをしたい」

安田 祐香(62位タイ:+3)
「(4試合振りの出場)練習できていなかったので、不安もあり、思うようにいきませんでした。叩いてしまって、残念。ショットが全体的に右にいっている。攻めというよりも、守りでいきました。18ホールをプレーできたのはよかったが、ひとつも思うような球が打てなかった。予選通過したいが、無理せず自分と相談してプレーしたい」

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter