ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2020.12.17

人間力もアップ ― JLPGA新人セミナー

 JLPGA入会1、2年目の会員を対象とした『新人セミナー』がオンラインで開催された。社会人としてのマナー、資生堂による『好印象をもたれるために』など、会員は、女性プロアスリートはどうあるべきか-を目的に3日間の集中講義を行う。1995年から毎年開催されている。

 17日、最終日の最終講義は、オリンピアン・為末大氏による『プロスポーツ選手の社会貢献』。終了後にはリモート取材が行われた。

 安田祐香は、「アスリートにしか発信できないことがある。社会貢献は自分にもプラスになるし、社会にもプラスになる。自分にできることがあれば、チャレンジしていきたい」と積極的だ。新型コロナウイルス感染拡大のため、すべてオンラインでの講義となった今年の新人セミナー。「講師の話を直接聞くのが一番」としつつも、「学ぶことは同じ。しっかり聞いて学ぶことができました」と振り返る。

 そして、「プロとしては未熟。ということは、伸びしろが多いということ。技術も大切ですが、尊敬される人になりたい。応援してくださるファン、スポンサーを大切にしていきたい」と決意を新たにした。

 一方、澁澤莉絵留は、「社会貢献に興味がありました。どうやったらいいのか、詳しく学ぶことができた」と目を輝かせる。澁澤自身、今年5月、群馬県太田市にマスク8,000枚を寄付している。「為末さんのようにもっと社会貢献をやっていきたい」と意欲的に話した。

 さらに、3日間を通じて、「努力をおこたらない大切さを学びました。努力を積み重ねて、日本をはじめ、世界で活躍する選手になっていきたい。また、たくさんの方にファンになっていただきたい。ファンの皆さんの応援はモチベーションアップ、パフォーマンス向上につながる。応援していただけるような魅力ある選手になりたい」という。

 2020-21シーズンは来年3月に再始動。技術はもちろんのこと、豊かになった人間性にも注目して欲しい。

(メディア管理部・中山 亜子)

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter