ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2021.3.4

明日へ-ひとこと 最新情報①【ダイキンオーキッドレディス】

<Photo:Atsushi Tomura/Getty images>

第34回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント 琉球ゴルフ倶楽部(沖縄県)第1日

山路 晶(2位タイ:-5)
「(10番チップイン)エッジまで218ヤード。フォローの風だったので、4番アイアンで打ちました。(カップまで)10mくらいでしょうか。(4番のイーグルパットは)もしかしたらアルバトロスだったかもというくらい、近かったです。(手ごたえは)手前で、いい感じにはねたので、寄ったかなとは思いました。(今年はどういうオフを過ごしたのですか?)トレーナーさんについたので、いつもと違う感じのトレーニングをやりました。スイングにつながるように、自分に足りない部分を強化しました」

田辺 ひかり(2位タイ:-5)
「強風でしたが、風をうまく使い、ほとんどパーオンしました。ですので、ストレスなくプレーすることが出来ました。ダイキンは初出場。風は好きです。高麗は少し心配していましたが、タッチがうまく合いました。(オフは)地元の広島で過ごしました。100ヤード以内、グリーン周り、アプローチをしっかり練習しました。きょうはその成果がでました。本当に落ち着いてプレー出来ました。今年の目標は、まず1勝することです」

宮里 美香(2位タイ:-5)
「去年開催できなかったので、地元・沖縄でプレーできるのを楽しみにしていました。2年ぶりにここに帰ってくることができたこと、開催できたことはすごくうれしいことです。結果を出したい気持ちが強く、優勝争いをしたいと思ってプレーしている。2番でボギーを叩いたが、あと16ホール残っていると気持ちを切り替えてから、3連続バーディーが獲れた。(今日は)セカンドショットでの風の計算が上手くできました。バーディーチャンスについたので、これだけのバーディーが獲れた。グリーンを外したときのボギーが2つあるのが、残念です」

新垣 比菜(2位タイ:-5)
「あすも良いゴルフをして、決勝ラウンドでは、最終組近くでまわれたらいいですね。みなさん、ビッグスコアを出している。わたしもついていきたいです。(今日は)フェアウェイが広いのでしっかりティーショットを振り切れたことがスコアにつながりました。また、朝から親戚やいつも応援してくれている方が見に来てくださってすごく嬉しかったです。力になりました」

吉本 ひかる(8位タイ:-4)
「(明日は)やれることをやって、いいスコアであがれるようにがんばりたい。久々の試合で緊張していました。一打一打集中してやろうと決め、それをやりきることができた。特に、ミスを引きずらずにできたことが良かったです。また、ギャラリーの拍手がうれしかったし、がんばれました」

山戸 未夢(12位:-3) ※13番でホールインワン
「6番アイアンで打ちました。左手前から転がって、入った瞬間も見えました。ちょうど後ろの組も来ていて、とても盛り上がりました。(今年、ツアーでは初のホールインワン)光栄です。久し振りにギャラリーの皆さんの前でプレーして、ホールインワンを見てもらえたので良かったです。やっぱりギャラリーの皆さんが入ると気合いが入りますね。華やかに見えるし、いつも以上にやりがいもでてきます。(ホールインワン賞50万円)素直にうれしいですね。あすからは16番でも狙いたいですね。難しいホールですけど」

比嘉 真美子(13位タイ:-2)
「あと3日間ある。自分が良いと思うゴルフが出来れば必ずチャンス来ると思います。たくさんバーディー獲って、良いプレーが出来れば(連覇も)あるかもしれません。きょうは、すごく良いリズムでプレーできました。フィーリングが良かったので、もっと伸ばせたかもしれません。でも、地元、ディフェンディングチャンピオン、開幕戦の初日という中でアンダーでまわれたのは評価できると思います」

原 英莉花(38位タイ:0)
「あすは、もう少し気持ち良く打って、納得したプレーをしたいです。パッティングで朝からアライメントが狂っている感じがした。ボールをいつもより左に置いてしまっていたので、スライスラインは気持ち良く打てたけど、フックラインになると立ちにくいなと感じた。大事なパーパットやバーディーパットで緩んでしまったので、そこを修正して、気持ち良く打てるようにしたいです」

古江 彩佳(53位タイ:+1)
「セカンドショットがあまり良くなかった。最後のほうで、上手くグリーンに乗せられなかったのがオーバーパーになってしまったかなと思います。(ギャラリーは)最初のティーショットは少し緊張しました。でも、拍手をもらえることで、楽しい、嬉しい気持ちがありました」

笹生 優花(53位タイ:+1)
「ずっと我慢のゴルフという感じでした。(渋野さんとのラウンドは)すごく優しい方です。私から見たらすごい選手。そういう方が優しく声かけてくれたり、普通に会話出来たのでうれしいです」

鈴木 愛(81位タイ:+3)
「ショットが良くなかったです。イメージ通りのショットは半分くらいしかでませんでした。(ギャラリーは)ナイスバーディーと声をかけてくれたり、拍手もしてくださる。気持ちを切らさずプレーすることができました。成績はいまいちでしたが、ギャラリーがいて久しぶりに楽しかったです」

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter