ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2021.5.27

第2日は中止【ECCレディスゴルフトーナメント】

<Photo:Masterpress/Getty Images>

 2020-21シーズンJLPGAステップ・アップ・ツアー第13戦『ECCレディスゴルフトーナメント』(賞金総額2,000万円、優勝賞金360万円)は5月27日、兵庫県神戸市・北六甲カントリー倶楽部東コース(6,497ヤード/パー72)で第2日の競技を行う予定だったが、降雨によるコースコンディションの不良で、午前9時30分に中止が決定した。今大会は、36ホールの短縮競技になり、規定により60位タイまでの選手が決勝に進出。28日は、通算3オーバーまでの66人でファイナルラウンドが行われる。

川﨑 春花(1位:-5) ※アマチュア
「3日間戦いたかったけど、2日間になったのは、私にとってはよかった。体力面もそうですが、全力をあすにつぎ込める。集中力も増すと思う。順位を気にせず、目の前の1打1打に集中してアンダーパーで回りたいです。出だしから3ホールぐらいをミスなくスタート出来れば、その後も落ち着いてプレー出来ると思う。入り方を大切にしたいです」

スタイヤーノ梨々菜(2位:-3)
「首位とは2打差ですけど、苦手意識があるコース。そこまで自分に期待せずにプレーしたい。先週末から、スイングも良くなってきた。引き続き、きのうのショットが打てればチャンスもある。まだ、スイング改造している最中なので、1打1打大切にプレーしたい」

森井 あやめ(5位タイ:-1)
「トップと4打差あるので、3日間プレーしたかった。天候をみて、無理かなと思いました。コースに苦手意識はないし、きょうの雨であすはグリーンも少しは止まりやすくなる。第2打をどれだけピンに絡められるかがポイント。自分のなかでやるべきことをしっかり決めて、あすは頑張るだけ。そろそろ優勝したいです」

岸部 桃子(12位タイ:0)
「あす1日しかない。攻めて、トップに少しでもプレッシャーをかけていきたい。きょう、やりたかったけど、早い段階で中止が決まったので、気持ちも切り替えやすかった。2週連続優勝はあまり考えていません。1打でも少なく上がって賞金ランキングを上げていきたい」

竹山 佳林(19位タイ:+1)
「あすは、いい天気のようなので、ガンガン攻めていきたい気持ちです。このコースは、グリーンがかたいし、速さもある。攻め一辺倒だけじゃなく、メリハリのあるゴルフをしたい。前週、プレーオフで敗れて悔しかった。リベンジではありませんが、今後のためにも調子がいいうちに優勝したいですね」

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter