ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2021.8.26

最新情報ーニトリレディスー明日へひとこと①

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

ニトリレディスゴルフトーナメント 小樽カントリー倶楽部(北海道)第1日

勝 みなみ(2位タイ:-4)
「ティーショットが鍵になる。ティーショットをしっかりと打って、とりあえずピンを狙えるところにあればいい。そこを意識して、あすも頑張りたい。きょうはティーショットが良くて、ラフからでもピンを狙える位置がほとんどだった。グリーンは柔らかめでラフからでも止まる」

全 美貞(2位タイ:-4)
「難しいコースです。風が吹くとさらに難しくなる。最終日までがんばりたい。風が吹いた中でのプレーは経験があります。うまく風を読んで、自信を持ってプレーしたい。(今日は)ピンチのない一日でした」

ペヒギョン(2位タイ:-4)
「グリーンが柔らかい。フェアウェイキープすれば、アイアンでアグレッシブに攻めることができる。ティーショットでフェアウェイキープをしっかりしたい。(今日は)久しぶりにいいスタートでうれしい。ティーショットもアイアンショットも全部良かった」

淺井 咲希(6位タイ:-3)
「グリーンが柔らかくてラフが短いから伸ばしあいになるでしょう。きょうは午前スタートで風がなかった。あすは風が吹く可能性が高い。風が吹いても対応できるように練習します。(今日は)スタートしたとき、短いパーパットを外してしまいました。パッティングのフィーリングが合わないなと思った。でも、途中でラインの読みを変えたら、バーディーパットが入りました」

稲見 萌寧(6位タイ:-3)
「このコースには苦手意識がありますが、アンダーパーでプレーできてよかったという安心はあります。(ショット)まだ全然良くなっていない。ずっと疑いながら打っています。向く方向が上手くいかなくて、左に飛んでいるので、ちょっと気持ち悪い」

菊地 絵理香(6位タイ:-3)
「北海道の試合は今年最後。コースは戦略性の高い難しいコースなので、1ホール1ホール消化しながらやっていくのが、本当に精一杯。なるべくうまくスコアを作りながら回って、最終的に地元でいい成績を残したい。なるべくもったいないボギーを打たないように、ティーショットを大事にしてプレーしました」

西村 優菜(6位タイ:-3)
「あすは手堅くプレーして、決勝ラウンドに入ったらもっともっと攻めのゴルフをしたい。前半、全部パーで我慢が続くゴルフだった。18ホールを、気持ちを切らさずにプレーできた。3アンダーを目標にしていたので、その目標はクリアできた。さらにノーボギーというのはすごい嬉しい」

山下 美夢有(6位タイ:-3)
「あすも落ち着いて、1打でも少なくまわれるようにしたいです。風が結構強く、難しかったが、ショットは安定していたので、良かった。去年も出場して、ピン位置によっては難しい。しっかりマネジメントして、少しでも上位に行きたい」

東 浩子(13位タイ:-2)
「あしたも最後まで集中してプレーしたい。(今日は)前半からグリーンで苦しみました。思うようにいかなかった。でも、7番から7つもバーディーをとったのですね。実感がありません。すごいですね。4連続も知りませんでした。前半で打ちすぎたので…。(アンダーパーに)戻ってこられてうれしい。上出来です。切り替えて、いい集中でプレーできました」

このニュースをシェアする

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter