ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2021.9.5

最新情報ーゴルフ5レディス ー次戦へひとこと①

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント ゴルフ5カントリー 四日市コース(三重県)最終日

鶴岡 果恋(5位タイ:-12)
「いま調子が上がってきている。次週もこのままがんばりたい。パッティングのグリップを変えてから、入るようになった。ショットでピンにからめて、もっとバーディーをとっていきたい。(今日は)ティーショットもセカンドショットもすごくいいわけではありませんでした。その分、チップインがあったり、ロングパットが決まったりしたことでスコアにつながった。ホールアウトしたとき、自分の名前がボードの一番上にありました。すごくうれしかった」

穴井 詩(5位タイ:-12)
「(次週へ向けて)ウェッジを持ったときにピンに絡めるショットがうまく打てなかった。ウェッジショットとついたときに決められるパッティングを練習します。第1日、第2日の出遅れが響きましたね。最後の18番だけ悔やまれますが、あとはいい内容でした。パー5ではすべてバーディーが獲れたので、良かった。所属プロとして意地を見せたかった」

新垣 比菜(5位タイ:-12)
「練習ラウンドでは予選通過するかどうか不安もありましたが、3位タイで終わることができてすごくうれしいです。もっと練習をして、調子を上げて、いい成績を残せるように頑張りたい。きょうは最終組というだけで緊張してしまって、思うように打てないこともありましたが、ラッキーもあったので、この順位で終われた」

植竹 希望(5位タイ:-12)
「4日間競技で優勝したい。来週のコースはジュニアの頃からラウンドしている。マネジメントミスしないように、攻めすぎずにやっていきたい。毎日60台を出せるようにがんばります。(今日は)NEC軽井沢からショットの調子がよくなかった。今週ショットの調子が戻ればいいなぁと思っていたら、最終日にいい感じになった。一安心です。来週に向けて手ごたえをつかめた」

大里 桃子(7位:-11)
「次週もショットの調子をキープしたいです。あとはパッティングが噛み合えばいいな。パッティングは悪くなく、思ったところに打てていた。結果にはつながりませんでしたが、きのうのことを考えると、またスランプになってしまうという不安もありました。それはきょうで少し払拭された。またチャンスはあるはず。今週は私の週ではなかった」

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter