ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2021.10.1

日本女子オープン第2Rが中止 FRは4日へ順延

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

 JLPGA ツアー2020-21シーズン公式競技『日本女子オープンゴルフ選手権』(賞金総額1億5,000万円・優勝賞金3,000万円)第2日は10月1日、栃木県那須烏山市・烏山城カントリークラブ(6,550ヤード/パー71)で開催予定だったが、台風16号の接近に伴う悪天候のため、2日に順延が決まった。
 1日はコース整備等で予定より2時間15分遅れの午前9時、第2ラウンドをスタートしたが午前9時44分に競技が中断。午前10時6分、コースコンディション不良のため、中止が決定した。
 第2ラウンドは2日、第3ラウンドが3日へ延期。最終ラウンドは予備日の4日に行われる。日本女子オープンが予備日を使用して競技を行うのは、1997年以来2度目。JLPGAツアーでは20年アース・モンダミンカップ以来、3度目になる。
 第1ラウンドを終え、上田桃子が5アンダーの首位、1打差の4アンダー、2位タイに鶴岡果恋、高橋彩華が続く。

原 英莉花
「練習場も水が溜まっていて、できるのかなと思いながら準備はしていました。あしたも早起きなので、早目に練習をして、しっかり備えたい」

渋野 日向子
「結局、中止になって正解だと思います。この状況では難しいですよね。あす、また切り替えて、良い位置で決勝ラウンドが迎えらえるように頑張りたいです」

淺井 咲希 ※10番スタートで12番までプレー終了
「公平という面ではキャンセルで良かった。きょうはパーが獲れたらバーディーという感じのコンディション。第2打が届かないので、アプローチで拾っていかないといけなかった。大変でした」

稲見 萌寧
「きょうは厳しい状態が続いていたので、集中しようとはしていた。アンフェアは仕方ないですけど、ちょっと厳しすぎる。こういう結果になって、あすからは平等にできるので、それは良かったと思います」

※第2ラウンド(10月2日)の組み合わせはこちら

このニュースをシェアする

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter