ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2011.7.7

ANA PRINCESS CUP 1日目

 2011年度LPGAステップ・アップ・ツアー第2戦『ANA PRINCESS CUP』(賞金総額1,500万円、優勝賞金270万円)の1日目が、北海道勇払郡のANAダイヤモンドゴルフクラブ 北コース(6,455Yards/Par72)で開催された。

 天候:晴れ、気温:24.9℃、風速8.7m。夏の北海道らしいカラッとした爽やかな気候のなか行われた初日。レギュラーツアーで2度の優勝経験を持つベテランの斉藤裕子が5バーディー・1ボギーの4アンダーで単独首位に立った。1打差の2位には今季からツアー初参戦の川満陽香理(ひかり)。2アンダーの3位タイには芳賀ゆきよ、久保宣子、池内絵梨藻、香山麻央、イヘス(韓国)の5名が続く混戦となっている。アマチュアの石川葉子は5オーバーの84位タイで初日を終えた。

斉藤裕子 (1位:-4)
「(今日よかったところは?)パッティング!それとティーショットもフェアウェイに行ってくれて、悪くはなかったです。インコースは難しかったですね。(前週の日医工女子オープンの)富山はすごく暑かったですけど、こっちはとても涼しくて、嬉しくてみんなにメールしましたよ(笑)。こんなところでプレーできるなんて幸せです。(7年ぶりのステップ・アップ・ツアー出場)ドキドキしました(笑)。レギュラーツアーとは雰囲気が違いますが、明日も頑張ります。明日はピンポジションが変わるけど、明日は明日でまた考えます」。

川満陽香理 (2位:-3)
「(今日を振り返って)あまり緊張しないで集中してできたと思います。もったいないボギーもありましたけど…。でも明日につながるゴルフができたと思いますね。コースの印象は(地元の)沖縄とは全然違いますね。芝が結構沈むし、足元がフワフワするので、しっかり打っていかないと。明日は初めての最終組なので緊張するかもしれませんが、頑張りたいと思います」。

芳賀ゆきよ (3位タイ:-2)
「今日はショットはあまり良くなかったんですけど、パットが入ってくれたのでスコアが伸びました。(コースの印象は?)芝が沈みますね。ティーショットがフェアウェイに行かないと難しいです。調子がいいので、明日は優勝を狙いますと言いたいところですけど、欲張らずに今日と同じようにいきたいですね」。

久保宣子 (3位タイ:-2)
「全体的に調子はいいですね。ピッタリついてチャンスをモノにできなかったり、逆に長いのは入ったりしてましたけど、全体的にはいいと思います。グリーンはラインが難しくて読みづらかったですね。とにかく明日も頑張ります」。

池内絵梨藻 (3位タイ:-2)
「今日は前半はパットがよかったです。前半はノーボギーで回れたけど、今日はショットが悪かったので耐えるゴルフでしたね。このコースはアプローチ、グリーン周りが難しいです。しっかり打たないと飛ばないですね。明日は落ち着いてプレーしたいと思います」。

香山麻央 (3位タイ:-2)
「今日はパットがめっちゃ冴えてました。グリーンを外したり寄り切らなかったりしたところも入ってくれたので、良いスコアにつながったと思います。チャンスをしっかり決められたという感じですね。普段プレーしている関西のコースよりラフが深くて、注意して回りました。優勝を狙えるところにいるので、明日は優勝狙って頑張ります!」

石川葉子 (84位タイ:+5)
「今日はドライバーがよかったです。全部ナイスショットでしたね。(コースの印象)ショットがよかったので悪い感じはなかったです。グリーンは傾斜があって難しかったですね。(昨年の出場時から身長が5cm伸びて160cmに)最近みんなから言われるんですよ。私としては165cmくらいは欲しいですね。もっともっと食べて身長伸ばしたいなと思ってます」。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ