ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2021.12.12

レッド7で3ツアーズ連覇 MVPは西郷真央

<Photo:Atsushi Tomura/Getty images>

 国内プロゴルフツアーの対抗戦『Hitachi 3Tours Championship』(賞金総額5,700万円/優勝チーム:3000万円 2位:1,500万円 3位:1,200万円)が12月12日、千葉県成田市・大栄カントリー倶楽部で行われ、JLPGAが大会連覇を飾った。JLPGAチームは稲見萌寧小祝さくら西郷真央西村優菜勝みなみ原英莉花菊地絵理香が出場。

 ベストボール方式のファーストステージからポイントを重ねて首位へ立ち、オルタネイト方式のセカンドステージでも好調をキープし24ポイントを獲得した。2位のJGTOへ4ポイント差をつける、見事な逃げ切り優勝。また、大会MVPは西郷真央が選出された。

 赤い衝撃とも表現したくなるような強さ。JLPGAチームが2大会連続6回目の優勝を飾った。24ポイントを獲得。2位のJGTOチームへ4ポイント差、3位PGAチームには、なんと14ポイントの大差をつけた。

 若さが大一番で躍動。特にセカンドステージで披露した、稲見萌寧と西郷真央の5連続バーディーを含む、7バーディーの猛攻には、ギャラリーも驚かされたことだろう。特に西郷は、ファーストステージでもベテランの菊地絵理香とペアを組んで、1番から6連続バーディーの離れ業を披露。今大会最年少の20歳で、大会MVPへ輝いた。


 「ジュニアの頃から観戦していた大会です。いつかは、私も-。選手としてプレーできました。また、同じツアーで戦う先輩方と力を合わせ、プレーができたことが幸せ。このような素晴らしい大会を開催してくださり、本当にありがとうございます」と感謝を表した。

 一方、菊地は、「ナイスコンビでした。西郷さんはショットメーカー。私がとても楽にプレーできた。ひとくちに連覇といっても、出場選手が替わるからとても難しいと思う。でも、若い選手は総合力が高い。1年のいい締めくくりができた。ありがとうございます」と言葉が弾む。

 そして、セカンドステージでコンビを組んだ稲見は、「後半、私のミスから始まった。しかし、それをうまくカバーしてくれたことが大きい。おかげで、いい流れをつくれた。チームの団結力が素晴らしい」と前置きし、「ツアーでもダブルスや、団体戦などの試合があればうれしいです」とアピールしている。

 西郷はあえて、自身のMVPへふれることなく、「前半、菊地さんとコンビを組んでとても心強かった。それから後半、大きかったのは稲見さんがきっちりとパーセーブをしてくださったおかげで、良い流れが途切れることがない。楽しくて、緊張がある1日。とても新鮮でした」と加えた。

 チームカラーは赤だ。各自が燃えるような赤のウェアで、スーパープレーを連発する様は壮観。百花繚乱の勢い、22年もさらに加速する-プロローグである。

このニュースをシェアする

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter