ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2022.6.17

最新情報ーニチレイレディスー明日へひとこと

稲見萌寧<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

ニチレイレディス 袖ヶ浦カンツリークラブ・新袖コース(千葉県)第1日

西村優菜(2位:-7)
 「残り2日間とも、60台で回るのを目標にしています。ショットもすごくよかったですし、パッティングのフィーリングが、きょうはすごくよかった。ピンに対してどこからイージーパットが打てるか、グリーンを外した時にアプローチで次のパーパットをどこから打てるか、というのを考えながらプレーしました」

上野菜々子<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

上野菜々子(4位:-5)
 「(明日は)きょうのように楽しくプレーしたいです。(今日)前半は、ショットもほとんど完璧に狙ったところに打てて、パッティングも思った通りに転がった。後半は、アプローチをミスして6番でボギーを打ってしまいました。全体的にスコアはまとまっていて、思った通りに打てたので、良かった」

稲見萌寧(5位タイ:-4)
 「あすは少しずつでもスコア伸ばして上位にいきたいです。(今日)ショットはあまり良くなかったのですが、長いパーパットが決められました。最終的に4つ伸ばせて、すごく良かった」

山下美夢有<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

山下美夢有(5位タイ:-4)
 「第2日もアンダーパーを目指して、パー5でしっかり獲れるように頑張りたい。ピンチは 17番のパー3。カラーとラフの境目からパターで打ちましたが、あまり寄らず、2メートルのパーパットが入りました」

堀奈津佳(5位タイ:-4)
 「グリーンが小さいので、マネジメントに気を付けてプレーしようと思ったのが、すごくいい方向に、プレーをすることができました。ティーショットが比較的安定していて、そこからチャンスにつけることもできてよかった」

申ジエ(62位:+1)
 「このコースはバーディーを獲れるホールが多くあります。あすからもう少しアグレッシブなプレーをして、たくさんバーディーを獲ります。(17番は)アプローチミスもしましたが、パッティングの時にラインがうまく読めず、ダブルボギーを打ってしまいました」

このニュースをシェアする

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter