ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2022.7.24

菊地絵理香-またも先手必勝『気分がいいです』

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

 JLPGAツアー2022シーズン第20戦『大東建託・いい部屋ネットレディス』(賞金総額1億2,000万円、優勝賞金2,160万円)大会最終日が7月24日、北海道札幌市・滝のカントリークラブ (6,560ヤード/パー72)で行われ、菊地絵理香が通算20アンダーで通算5勝目を飾った。2打差をつけて首位スタート。一度は2位の三ヶ島かなに並ばれたものの、14番でバーディーを奪い、1打のアドバンテージを死守した。小祝さくらは通算18アンダー、3位。
(天候:曇り 気温:21.8℃ 風速:7.0m/s)
《グリーン=スティンプ:11 1/2フィート コンパクション:23mm》

 ロースコアでしかも、1打を争う最終組の攻防だった。三者三様で死力を尽くした名勝負は、菊地絵理香が優勝。最終日、単独首位でスタートした7戦は5勝-とさらに勝率をあげた。

 「北海道で優勝とか、まったく考えていなかった。でも、昨日、一昨日から皆さんからたくさんいわれて、意識せざるを得ない状況。朝から、ずっと緊張していた。しかし、プレッシャーに打ち勝ち、優勝。すごく、気分がいいです」と晴れ晴れとした表情。

 ただし、プレー中はそんな感情をまったく感じさせない。常にクール。そして、冷静沈着。どこまでもこれまで構築してきたスタイルを崩すことがない。そして、「通算22アンダーが目標。きょうは5アンダーでプレーしたい。もし、それで負けたら仕方がないと割り切っていた」という。

 前半は2バーディー、ノーボギー。後半も11番で6メートルのバーディーを決め、着々とV計画は進行しているかのようだった。が、13番で第1打を右林へプッシュ。これが原因でボギーを叩き、追い上げてきた三ヶ島かなに並ばれた。


14番 臥龍之桂<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

 続く14番は今大会、自身のラッキーホール。この日も第1打の後、ご神木・臥龍之桂の下を幸運が舞い込むように祈念しながら通り抜けた。「第3日まで2つのイーグルがとれるなど、間違いなく運がある。こういういい流れの時は、絶対に(運を)離してはいけない。たとえ苦しくても、集中力を切らさない事。私を鼓舞しながらプレーを続けた」と明かす。

 残り157ヤード、7Iの第3打はピン左5メートルへ。「下りのスライスライン。きちんと打ち出せば、あとはボールが転がってカップへ入ると思った。こういうラインなら、1メートルより5メートルの方が得意」とキーポイントを解説した。さまざまな経験に裏打ちされたベテランの技。本当に見事だ。

 バウンスバック成功で再び、アドバンテージを得た。残り4ホールもパーセーブを重ね、18番ではお先に-でプレーオフに備えたそうだ。「すごく緊張していた。残り3ホールからホールアウトまで、ほとんど手の感覚がない」と打ち明けたものの、誰もそんな胸中を推し量れるはずはない。

 優勝が決まると、さすがに緊張が緩んだ。表彰式では珍しく感極まるシーンものぞかせた。ツアー出場400試合の節目。「(JLPGA)小林会長から、これでもうひと段階、上のステージへ進める、と激励されたことが本当にうれしい」と、ひと息ついて、「ヘタだなぁ、と感じるから練習をします。それから、勝っている選手をみるとうらやましいですよねぇ。そんな気持ちでやってきました。私って結構、単純でしょう」と、本音を語っている。

 第2日、首位へ。以来、コースで映るその姿はピンチのシーンでも、気高さを失わない。勝者のようにふるまえば、勝者になる。これが菊地流・先手必勝の極意-。


<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

このニュースをシェアする

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • DAZN_バナー
  • U-NEXT_バナー