ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2022.8.4

岡田、柏戸 2日連続エージシュート達成

ボンドカップ 「グランドシニアの部」 近鉄賢島カンツリークラブ(三重県)最終日

 レジェンズの技を存分に披露。グランドシニアの部は大城あかねの逆転優勝にわき、2日連続でエージシュートの偉業を達成した岡田美智子柏戸レイ子の活躍にため息がもれた。

 満年齢で77歳。喜寿を過ぎても岡田は第1日=74、最終日が76をマークした。昨年の太陽生命 元気・長生きカップ最終日から3回目のエージシュートである。

 「きょうも(エージシュートを)狙っていた。ちょっと力が入ったけど、うまくハマって本当に良かったと思う。この暑さでも普段から、朝1時間のウォーキングはもちろんだけど、コースでプレーすることを忘れない。それが私の元気の源」といい、「女性は、年齢を重ねると体力が落ちてしまう。でも、常にポジティブに物事を考えてきた」と話した。

 今大会前、新兵器投入も偉業を後押し。「ダンロップさんから、去年のエージシュート達成祝いで、ドライバーをいただきました。1週間前から使って、これが本当に合っている。2日連続のスコアは、いい1Wのおかげです。とにかく、試合はプレッシャーがかかる。スポンサーさん、関係者の皆さん、マスコミの皆さん、日頃から応援してくださっている皆さんへ感謝です。いつまでも、楽しみながらゴルフを続けていきたい」と言葉が弾んだ。

 一方、73歳の柏戸レイ子は、2日連続でパープレー。この日は最終ホールでバーディーフィニッシュを決めた。「うれしい。最後のバーディーは特にうれしかった。2日連続でエージシュートです。特に、最終ホールはアプローチがチップイン。ゴルフの神様がいました。私、暑いのが大好き。2カ月後のレジェンズチャンピオンシップも精いっぱい、頑張りたいです」。

 コニシ株式会社・大山啓一代表取締役社長から、エージシュート賞として各日賞金10万円、計20万円がそれぞれに贈呈されている。ゴルフは生涯スポーツ。日々、努力を重ねれば必ず報われることを示したプロの矜持だった。

※最終成績 『グランドシニアの部』

このニュースをシェアする

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • GOLFTV_バナー
  • DAZN_バナー