ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2022.9.10

最新情報ー日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯ー明日へひとこと

森田遥<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 城陽カントリー倶楽部(京都府)第3日

森田遥(2位:-10)
 「(初の公式競技優勝へ向けて)試合のひとつであることは変わりない。気負わずに、目の前の一打一打に集中したい。リーダーボードを見て、上との差はそんなにないことはわかっていました。獲れるところで、しっかり獲らないといけません。持ち味のパッティングが入れば、結果はついてくる。(15番でイーグル)そこまで、入れ頃外し頃のパッティングがひとつも決まらず、イライラしていました。でも、このイーグルで吹っ切れました。うれしかった」

ささきしょうこ(4位タイ:-8)
 「公式競技で上位争いの経験があまりありません。調子がいいわけではありません。無理せず、攻めるところは攻める、守るところは守る、メリハリのあるプレーをしていきたい」


浜崎未来<Photo:Yoshimasa Nakano/Getty Images>

浜崎未来(4位タイ:-8)
 「3日間アンダーでプレーできている。(明日は)結果にはこだわらず、集中してアンダーでプレーしたい。ここまで、いいゴルフができています。きょうは、バタバタしましたが、ラッキーもあった。いい一日でした。毎日、とても楽しくプレーしています。昨年は、自分の実力のなさを痛感した。成長を感じたいと思っていましたが、ここまでうまくいくとは思っていませんでした。(具体的には)パッティングとマネジメントが変わった」

川﨑春花(4位タイ:-8)
 「あしたも、しっかり頑張って、上位で終われるようにがんばりたい。13番までバーディーがなくて、苦しかったですが、最後3つバーディーが獲れてよかったです」


菅沼菜々<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

菅沼菜々(4位タイ:-8)
 「首位とは4打差あります。きょう、(バーディーを)獲れなかった分、あしたがんばります。(今日は)苦しいゴルフがずっと続いていました。17番は悔しいですね。もう少し右だったら、出てきたと思うのですが…。凡ミスです」

西郷真央(8位タイ:-7)
 「トップと差がある。攻めるところはしっかり攻めたい。ピンポジ次第でスコアも変わってくる。特に18番は難しいので、それまでに(バーディーを)積み重ねていきたいです。(9番でイーグル)すごくいいショットでした。ピンに真っすぐ飛んでいきました。ギャラリーの歓声で(入ったことを)知りました」


佐藤心結<Photo:Yoshimasa Nakano/Getty Images>

佐藤心結(8位タイ:-7)
 「(明日)きょう以上のスコアを出すだけです。(今日は)予選ラウンドも緊張しましたが、きょうも緊張しました。(3連続バーディースタート)このままバーディーを獲っていきたいなぁと思っていた。プロテストのときより、ラフが長いので、セカンドの精度が求められる。きょうは、ティーショットでしっかりフェアウェイキープできていたのがスコアにつながった」


稲見萌寧<Photo:Yoshimasa Nakano/Getty Images>

稲見萌寧(23位タイ:-5)
 「ショットの感触が良くありません。(明日は)少しでも戻していけるようにがんばりたい」


川岸史果<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

川岸史果(23位タイ:-5)
 「あしたは絶対に60台でまわってきます。8番のダボで流れが悪くなってしまいました。バーディパットも全部ショート。ラインが合っていても、それでは入りませんね」

脇元華(30位タイ:-4)
 「(最終日は)フラットな気持ちでがんばりたい。きょうは、感情が出てしまいました。9番では木からボールが落ちてこず、ロストボールに…。そこで、きょうは運がないなぁと思いました」

大里桃子(30位タイ:-4)
 「あと1日あるのが救いです。悔いが残らないように頑張りたい。(今日は)バーディーも少なく、パット数もきのうと比べても5打以上違いました。それだけでスコアが変わってしまうんだなぁという印象の1日でした」

このニュースをシェアする

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • DAZN_バナー
  • U-NEXT_バナー