ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2022.9.25

2位竹田麗央 リランキングで20位へ浮上

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

第49回ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント 利府ゴルフ倶楽部(宮城県)最終日

 3週連続で94期生が大活躍。2位タイに終わったものの竹田麗央の最終日のプレーは、大ギャラリーを興奮させた。

 前半、2バーディー奪取で勢いがついたパー5の8番。果敢に2オンへ成功し、10メートルのイーグルトライである。ここで独特のルーティンを披露。グリーンの外からボールとカップの距離を測るため、目前にパターを水平に掲げる。「上り、それとも下りなのかが微妙な時、ああやっています」と説明して、「全体的に下りで、最後は少し上がる」とジャッジ。わずか数センチ、カップを外れたが楽々と連続バーディーを決めた。

 結果は終始、「優勝を狙って攻め続けた」が、5打差をつけられホールアウト。「山下さんのプレーは安定していて、スキがありません。私が17、18番で短いバーディーパットを外した。もし、入れていたら、プレッシャーをかけられたのかなぁ」と、反省の言葉を口にした。決して、満足していない。これが、伸びる要素だろう。

 優勝を飾った山下美夢有は、「(竹田)麗央さんとは、練習ラウンドで何度か回ったことがある。飛距離が出て、ボールが曲がらない。すごいなぁ、と思った。今回、初めて試合で同組。改めて、飛距離に驚いた。あれだけのギャラリーがいて緊張感があるでしょう。アンダーパーでプレーしたことが素晴らしかった」。健闘をたたえている。

 今季、QTランキング133位からスタート。今大会後の第2回リランキングで20位へ浮上した。次週、日本女子オープンへの出場権はすでに決定。来月7日開幕のスタンレーレディス以降、ほぼ全試合の出場が見込める。「試合に出ることが楽しい。毎週、プレーできることに感謝しながら、しっかりと頑張りたい」と目が輝く。

 伸び盛り。ダイナミックなプレーが見るものを引きつける。

 (JLPGAオフィシャルライター・宮脇 廣久)


<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

このニュースをシェアする

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • DAZN_バナー
  • U-NEXT_バナー