1. ホーム
  2. ニュース&トピックス
  3. 最新情報①ーブリヂストンレディスオープンー明日へひとこと

2024.5.17

最新情報①ーブリヂストンレディスオープンー明日へひとこと

岩井 明愛<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

ブリヂストンレディスオープン 袖ヶ浦カンツリークラブ 袖ヶ浦コース(千葉県)第2日

岩井 明愛(3位タイ:-7)
 「チャンスはつくっても、なかなかバーディーが決まらない。パーオンすれば、バーディーチャンス。少し、パッティングを修正しないといけません。あすの目標はプレーを私が楽しむこと。それが最大のコース攻略法です」


河本 結<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

河本 結(3位タイ:-7)
 「きょうは流れがいまひとつ。ライが悪いところなどにボールが止まり、ちょっとツキがなかったように思います。それでも、くさらずに全力でプレーをした。イーブンパーですけど、私はナイスゲームだと思います。
 あすも全力でプレーすることは変わらない。一生懸命にやって、結果がついてきてくれたら最高ですね」


藤田 かれん<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

藤田 かれん(5位:-6)
 「ショットは前半から、良いイメージでしたけど、パッティングがいまひとつ…。でも、タッチが合っていたから、チャンスが来るのを待っていた。評価をするなら75点。結構、決めたいパッティングを外した。微妙なところです。もっと上位へ行けたかもしれませんから…。
 あすからの優勝争い、メンバーを見るとギャラリーさんがとても多くいらっしゃるような気がします。少し緊張するかもしれないけど、やはり見られているのはプロ冥利でしょう。私は好きです。そんな状況でも、私の世界を崩さずにプレーをすることがテーマ」


安田 祐香<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

安田 祐香(6位タイ:-5)
 「けさは午前3時30分起床。睡眠時間はそれほど取れなかったけど、いい目覚めです。第1Rを終え、第2Rはちょっと疲れがあった。後半、ショットが乱れてボギーを叩いたけど、最後の9番、第3打は右からの風でかなり右を向いて…。ボールが戻ってくると思った。ピン50センチまで寄って、いいフィニッシュです。
 第3日は欲を出さない。距離が長く、とにかく第1打が大事です。決勝ラウンドはセーフティーにいけたら-」


木村 彩子<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

木村 彩子(6位タイ:-5)
 「10番スタートでしたから、距離が短いところが多い、9ホールでスコアを伸ばす作戦でした。でも、思い通りにはいきません。その代わりに後半でスコアが伸びたのは、同組の皆さんのおかげかもしれません。気持ちがいい一日でした。
 ただ、あすからはピンポジションなど、難度が上がってくるでしょう。元々、ガマン比べは臨むところ。全米女子オープンへつながるようなプレーを心がける。バーディーチャンスをたくさんつくります」


鈴木 愛<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

鈴木 愛(6位タイ:-5)
 「明日のラウンドですが、このコースは難しいホールが結構多いので、長いホールでボギーを叩かず、短いクラブを持ったときにしっかり5メートル以内につけてバーディーを奪いたいです。ショットの調子は悪くありません。今日も16番・パー5では左サイドのピンに対してスリークォーターショットのライン出しで狙っていけましたし、18番・パー5でも狙いどおりにピンの左にボールを落とせました。全米女子オープン前に出場する最後の大会なので、あと2日間、いいイメージを残して出発したいです」

このニュースをシェアする

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索