ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2015.7.1

バーディーラッシュの小竹莉乃が、ステップ・アップ・ツアー2勝目に向け単独首位スタート!

 2015年LPGAステップ・アップ・ツアー第5戦『日本臓器製薬レディース ABC杯』(賞金総額1,500万円、優勝賞金270万円)の1日目が、兵庫県加東市のABCゴルフ倶楽部(6,401ヤード/パー72)で行われた。

 大会1日目は、予定通り8時にスタートしたが、朝から雨が降り続き8時58分に降雨によるコースコンディション不良のため一時中断。約2時間中断したが、再開後は晴れ間ものぞき、17時36分に全選手がホールアウトした。この日7バーディー・1ダブルボギーの67をマークした小竹莉乃が、5アンダーで単独首位に立った。4アンダーの2位タイには森岡紋加と大竹エイカが続いている。(天候:雨のち曇り、気温: 23.3℃、風速:5.4メートル)

 「前半ダボスタートだったんですけど“私は負けない”って感じで頑張りました」と2番のダブルボギーの後、7個バーディーを奪った小竹莉乃。『日医工女子オープン』でステップ・アップ・ツアー初優勝を果たし、先週までレギュラーツアーに出場していたが、予選通過は1回と実力を発揮出来なかった。「パットは最近好調なんですが、レギュラーではアイアンの調子を崩してしまって…。ウェッジの距離感など修正しました。アース・モンダミンカップまでには間に合わなかったんですけど、今週調子が上がってきた」とショットやアプローチが冴え、13番パー4で2メートル、15番パー5では3打目を50センチに寄せるなどバーディーを積み重ねた。「以前はトップに立ったらマイナスなところがちょっと出てしまったけど、優勝してプレーに集中出来るようになった。レギュラーで耐えることを覚えた」と、レギュラーツアーでの経験を活かし単独トップで初日を終えた。

 この日は1日が1秒長くなる“うるう秒”の調整が行われた。中断もあり選手にとっては、文字通り長い1日となったが「長かったですけど充実していました(笑)」と語った小竹。その言葉に偽りがないことは、ラウンド後の笑顔がしっかり物語っていた。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ