ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2015.8.30

悔しい2位 渡邉彩香はせっかくの流れを…

<写真:Atsushi Tomura/Getty Images>

ニトリレディスゴルフトーナメント 小樽カントリー倶楽部(北海道)最終日

 最終日、一時は2打差をつけて首位に立った。ところが、ホールアウトしてみると、渡邉彩香は2打差をつけられた2位。「後半、パッティングがなかなか打てないホールが多かった。勝てなかったのはしようがないという感じですね」と唇を噛んだ。ターニングポイントは、到来したバーディーチャンスを逃してしまったことだ。「10番から13番まで、4ホール続けてチャンスがきた。距離はそれほど短くなかったけど、そこでひとつでも決めていれば、流れが違ったかもしれません」。勝負の行方は紙一重だ。チャンスを逃せばピンチが待っている。「15、16番はあまりいいイメージがない。苦手でした。ミスショットが出ましたね」。ただ、終わったことを悔やんでばかりはいられない。

 今季のツアーは残り13試合となった。複数回優勝の目標を掲げる渡邉。9月からの試合へ向けて、「調子は悪くありません。勝てない試合が続いて、とても悔しいけど、こういう経験を積むことも大事だと思う。2週後には日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯もあるし、頑張ります」と誓った。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter