プロテスト
PRO-TEST

プロゴルファーへの道イメージ

2022年度JLPGAプロテストに関するご案内

2022年度JLPGAプロテストの受験申し込み開始日時は、2022年6月1日(水)10時となります。
受験申し込みにはJLPGAマイページのアカウントが必要です。プロテスト受験希望者は、登録フォームよりJLPGAマイページのユーザー登録を行いアカウントを取得して下さい。
JLPGAマイページのアカウントをすでに保持している方は登録不要です。


2022年度 JLPGAプロテストにつきまして、受験申し込みを行う前に、必ずプロテスト受験申込要項とプロテスト規定をご確認いただきますようお願い致します。


海外から日本に入国する際は、事前に厚生労働省、外務省等のホームページをご確認いただき、必要な対応を講じるようお願い致します。


プロテストに関するお問い合わせ
メール: m3_qualify@lpga.or.jp
(件名に「問い合わせ:プロテスト」と明記し、受験者氏名を記載してください)

概要

当協会では年1回プロテストを実施しています。 プロフェッショナルとしてゴルフに対する充分な技術そして理解と知識、それ以上に立派な社会人として通用する人材を育成するため、第1次予選の段階からルール・マナーについても重点的に指導しています。

  • 8月~9月
    第1次予選
    上位者
  • 9月~10月
    第2次予選
    上位者
  • 11月
    最終プロテスト
    合格者
  • 2023年1月1日
    入会
開く

1.受験資格

JLPGAプロテストを受験する資格を有する者は、最終プロテスト開催年度4月1日時点で満17歳以上の女子(出生時)で、それぞれ次の表に定める各ステージの受験資格要件を満たす者とする。

受験資格要件
第1次予選

JGA/USGA HDCP Index5.0以下の者。※証明書等の提出は不要

第2次予選
  1. 前年度最終プロテスト出場者
  2. 第1次予選からの進出者
  3. 当該年度6月の最終金曜日時点のロレックスランキング上位400位までに該当し、JLPGAが別途定める申込締切日までに受験申込をした者のうち、上位30名の者(当該年度6月の最終金曜日時点のロレックスランキングの順位が高い者を上位とする。)
  4. 上記以外でJLPGAが承認した者
    1. ③の受験資格で受験を希望する者は、当該年度8月の第1月曜日までに、JLPGAが別途指定するメールアドレス宛てに電子メールにてJLPGAに申し出ることにより、第2次予選の受験申込みが可能となる。
最終プロテスト
  1. 当該年度7月の最終金曜日時点のロレックスランキング上位50位までの者
  2. 当該年度JGAナショナルチーム女子メンバーの者
  3. 過去3年間及び当該年度の最終プロテストの第1日目の4週間前の日の属する週の日曜日までに開催された日本女子アマチュアゴルフ選手権の優勝者
  4. 過去3年間及び当該年度の最終プロテストの第1日目の4週間前の日の属する週の日曜日までに開催された日本女子学生ゴルフ選手権の優勝者
  5. 過去3年間及び当該年度の最終プロテストの第1日目の4週間前の日の属する週の日曜日までに本戦が開催された日本女子オープンゴルフ選手権のローアマチュア
  6. 前年度の最終プロテストの第1日目の属する週の月曜日から、当該年度の最終プロテストの第1日目の属する週の前週日曜日までに本戦が開催されたステップ・アップ・ツアー各競技の優勝者
  7. 当該年度7月の最終金曜日時点の世界アマチュアゴルフランキング上位10位までの者
  8. 第2次予選からの進出者
  9. 上記以外でJLPGAが承認した者
  1. ②③④⑤の受験資格による最終プロテストからの受験は1度限りとする。当該年度に②③④⑤の受験資格を重複して保持している場合でも、最終プロテストの受験は1度限りとする。
  2. 当該年度に③④⑤の受験資格で最終プロテストを受験する者が、翌年以降新たに③④⑤の受験資格を取得した場合は、その資格での翌年以降の最終プロテストの受験を認める。
  3. ⑥について、受験申し込み締切後に受験資格が発生した者が受験申し込みをする際は、資格発生日の翌月曜日までにJLPGAに申し出ること。

2.競技方法

第1次予選
  1. 3日間・54ホールストロークプレー
  2. 18ホール終了をもって競技成立とする。期間中に18ホールを終了できなかった場合は、別途日程を定め競技の成立を図る。
  3. 各ラウンドにおいて92ストローク以上の者は、次ラウンドに進出できないものとする。
第2次予選
  1. 4日間・72ホールストロークプレー
  2. 54ホール終了時点で、各会場で掲示されている最終プロテスト進出順位に8打差までの者を第4ラウンドへの進出者とする。
  3. 18ホール終了をもって競技成立とする。期間中に18ホールを終了できなかった場合は、別途日程を定め競技の成立を図る。
最終プロテスト
  1. 4日間・72ホールストロークプレー
  2. 54ホール終了時点で、80位タイまでの者、または20位に8打差までの者のうちいずれか人数の多い方を第4ラウンドへの進出者とする。
  3. 4日間で72ホールを終了できなかった場合は予備日を使用する。予備日を使用してもなお72ホールを終了できなかった場合は競技を短縮する。本競技は54ホール終了をもって成立する。
  4. 前号の定めにかかわらず、予備日を使用してもなお54ホールを終了出来なかった場合のみ、本競技は36ホール終了をもって成立する。

3.次ステージの進出者

第1次予選及び第2次予選からは、各会場上位者が次ステージへ進出する。各会場から次のステージへ進出できる順位は、各会場で掲示を行う。

4.合格者

最終プロテストの競技終了時点で上位20位タイまでの者を合格者とする。

  1. 合格者に関する詳細はプロテスト規定第5条に別途定める。

5.受験料/エントリーフィ(全て消費税別)

6.入会について

入会日
2023年1月1日

  1. 入会式は12月実施予定
入会手続き
  1. 必要書類の提出(入会申請書・誓約書・経歴書・登録名称申請書・保証契約書・推薦書など)
  2. 入会金などの納入
    入会金:¥600,000
  3. 指定の期日までに協会に提出、納入すること。
  4. 年会費:¥72,000
  5. 入会に際する詳細につきましては、最終プロテスト進出者にご案内致します。
入会日より前に実施する競技/セミナー

QT

  1. ファーストステージ:2022年11月22日~25日 4日間・72ホールストロークプレー
  2. 各地区成績上位者
  3. ファイナルステージ:2022年11月29日~12月2日 4日間・72ホールストロークプレー
  4. 最終プロテスト合格第1位の者にはファイナルステージからの出場資格を付与します。
新人セミナー出席(義務)

日程:12月実施予定
内容:新入会員を対象に、社会人としてのマナー、またJLPGA会員、女性プロアスリートはどうあるべきかなど、様々な内容の講義を行います。

規定・申込要項

2022年度JLPGAプロテスト受験申込要項についての補足


3.受験申込みに関する詳細 (2)提出書類について

提出書類が必要な方は下記表のとおりです。 「必要」に該当する方は、プロテスト受験申込時に当該書類のアップロードが必要ですので、予めご用意ください。


対象者

① 親権者同意書

② JLPGAプロテスト
受験希望届

2022年4月1日時点18歳未満で
高校に在学中の方

必要

必要

2022年4月1日時点18歳未満で
高校に在学していない方

必要

不要

2022年4月1日時点18歳以上で
高校在学中の方

不要

必要

2022年4月1日時点18歳以上で
高校に在学していない方

不要

不要

申込

2020年度 プロテストの受験申込受付は終了しました。

2022年度JLPGAプロテスト受験申込について

2022年度JLPGAプロテスト第1次予選の受験申込開始日時は、2022年6月1日(水)10時となります。
受験申込にはJLPGAマイページのアカウントが必要です。受験申込希望者は、事前に受験者用ユーザー登録を行い、 マイページのアカウントを取得してください。
なお、マイページのアカウントをすでに保持している方は、このユーザー登録は不要です。

※受験申込にはJLPGAマイページのアカウントが必要です。
受験申込希望者は、事前に受験者用ユーザー登録を行い、 マイページのアカウントを取得してください。
なお、マイページのアカウントをすでに保持している方は、このユーザー登録は不要です。

  • ※ JLPGAマイページのアカウントをお持ちの方は、マイページから受験申込を行なってください。
  • ※ プロテスト受験以外の目的でのユーザー登録はご遠慮ください。
  • ※ ユーザー登録から一定期間内に受験申込が行われない場合、アカウントを削除させていただきます。
  • LPGA Official twitter