LPGAの歴史

1960年代

1961年 “女子プロの卵”28人が集まり、「全日本ゴルフ場女子従業員競技会」が開催
1967年 日本プロゴルフ協会に女子部(後の日本女子プロゴルフ協会)が発足
1968年 「第1回日本女子プロゴルフ選手権大会」が天城GC(静岡)で開催
1968年 日本女子オープンの前身である「TBS女子オープン」がTBS越谷GC(埼玉)で開催

1970年代

1974年 日本プロゴルフ協会から独立し「日本女子プロゴルフ協会」として発足
1977年 樋口久子が「全米女子プロゴルフ選手権」に優勝

1980年代

1987年 社団法人日本女子プロゴルフ協会として組織変更
1987年 岡本綾子、外国人選手として初の米ツアー賞金女王を獲得
1988年 ツアー制度の導入
1988年 正式にレッスン部委員会を設立し、インストラクター資格認定制度が発足

1990年代

1990年 世界的にスモール球の規格が廃止されラージ球の規格へ
1991年 LPGAステップ・アップ・ツアーが開始
1992年 統一予選会制度を導入
1994年 LPGAの公式ゴルフスクール、「LPGAロッテゴルフスクール」開校
1995年 岡田美智子が大王製紙エリエールレディスオープンにて最年長優勝
1996年 新人教育(新人セミナー・ルーキーキャンプ)開始
1998年 「ティーチングプロフェッショナル資格認定制度」の発足

2000年代

2003年 組織改革によりTPDとGBDの2部門化へ
2003年 樋口久子が「生涯業績部門」でアジア初の世界ゴルフ殿堂入り
2003年 宮里藍、アマチュアとして30年ぶりにプロトーナメントに優勝
2003年 ティーチングプロフェッショナルA級会員4名が会員として正式入会
2004年 不動裕理、史上最年少で永久シードを獲得
2004年 「指導員助手」から「ティーチングアシスタント」に名称変更
2005年 岡本綾子が「インターナショナル部門」で世界ゴルフ殿堂入り
2005年 第1回ワールドカップ女子ゴルフにて北田瑠衣・宮里藍ペアの日本チームが優勝
2008年 2004年から開始したシニアトーナメントが「レジェンズツアー」と名称変更し開催
2009年 2016年からゴルフ競技がオリンピックの正式種目に採用されることが決定

2010年代

2010年 レジェンズツアー初の公式戦、「LPGAレジェンズチャンピオンシップ」開催
2011年 東日本大震災の影響で3試合が中止
2012年 第1回日本プロゴルフ殿堂顕彰者の発表
2012年 ジュニア指導者育成制度「ジュニアゴルフコーチ認定制度」開始
2013年 一般社団法人への移行
2014年 樋口久子が文化功労者に選出

最新ニュースNEWS

ニュース一覧へ

2018.8.5 LPGAツアー
『LPGAツアーチャンピオンシッ…
2018.8.17 LPGAツアー
新垣比菜 富士のふもとで、またも首位発進
LPGAツアー24戦『CAT Ladies』(賞金総額6,000万円、優勝賞金1,080万円)が8月17日、神奈川県箱根町・大箱…
2018.8.17 LPGAツアー
三ヶ島かな 一気飲みで2位発進
よもやのダブルボギーで大爆発。三ヶ島かなが、パー3の3番を振り返った。「あそこが、爆発の源。(スコア…
2018.8.17 LPGAツアー
三浦桃香 スイート作戦で変身中
人にやさしく、自分にも甘く。世の中、そんなにうまくいかない-が定説だろう。ところが、三浦桃香はこ…
2018.8.17 LPGAツアー
明日へ-ひとこと 最新情報
藤本 麻子 (2位タイ:-5) 「危ない場面も多かったけど、ラフから上手く打てた。耐えることができて、…
  • LPGA公式 facebookページ