ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2016.11.18

2nd day プラスワン~江原詩織~

<Photo:Masterpress/Getty Images>

大王製紙エリエールレディスオープン エリエールゴルフクラブ松山(愛媛県)2日目

 結果は予選落ち。しかし、得たものは大きい。予期しなかった2日間をこんな言葉で表現した。「ワクワクしてうれしくて、明日が早く来ればくればいい。でも、もったいない」。主催者推薦選考会、俗にいうマンデーへ挑戦した江原詩織だったが、落選の憂き目にあう。ところが、一縷の望みを託して、現地ウエイティングに賭ける。捨てる神あれば拾う神あり-のことわざではないが、16日、堀琴音が発熱で欠場を決め、出場権をつかむ。

 堀が入るはずだったイボミ、松森彩夏との組でラウンドすることになった。15年のプロテストで合格。ツアー出場は今回が、通算2戦目だが、素晴らしいチャンスが与えられたといえるだろう。お金では買えない経験。ましてや、レギュラーツアー出場は今季初だった。「今年は悪いことばかりが続いて…。最初は、ドライバーショットがプッシュアウトばかりから始まりました。とにかくOBばかりが出てしまう。その内に、他のショットもリズムが悪くなり、とうとうパッティングまでサッパリでした」。11月に行われたセカンドQTも失敗している。

 「また、真剣にゴルフに取り組もう、というエネルギーがわいてきた2日間です。元気が出た。来年は2018年に飛躍するための1年にします。ボミさんが静かにバーディーを獲っていく姿を目に焼き付けました」。

 ちなみに、イは、江原に対して、どんな印象をもったのだろうか。「ショットの調子があまり良くなかったみたいです」といい、「印象に残ったのは、私のネイルアートを見て、かわいい、と…。そこで、江原さんも賞金を稼いで素敵なネイルアートをしてね、とアドバイスをしました」。何ともほほえましいエピソードの裏には、激励の2文字が見え隠れする。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ