ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2017.5.18

「最後は超、超、超ラッキーパーでした」 谷河枝里子が単独首位発進

2017年LPGAステップ・アップ・ツアー第6戦『ツインフィールズレディーストーナメント』(賞金総額2,000万円、優勝賞金360万円)が、石川県小松市のゴルフクラブ ツインフィールズ(6,460ヤード/パー72)で開幕した。大会1日目は、ステップアップツアー賞金ランキングトップを走る谷河枝里子が、3アンダーで単独首位スタートを切った。1打差の2アンダー2位タイに、森美穂と大山亜由美の2名が続いている。(天候:晴れ 気温:19.3℃ 風速:2.2m/s)

「最後は、超、超、超ラッキーパーでした。ついてました(笑)」と満面の笑みで話し始めた谷河枝里子。終盤の16番、17番で連続バーディーを奪い、単独トップに立ち、迎えた最終ホール。「ハーフターンの時に18番のピン位置を見たら、“奥から攻めんと”って思いました。でも、セカンドショットをユーティリティーでスライスを打つつもりがフックになって、“そんないく?”ってぐらい奥にこぼれちゃいました。3打目は11歩って決めて、そこに落とそうとしたら、11.5ヤードのところに落ちて、0.5ヤード大きいだけでもマウンドがあったんで、ファーストクッションで前にいって、カラーまでいっちゃいました」。しかし、最後はカラーから13ヤードをチップインパー。「ド真ん中からガシャンって入りました。うわー、奇跡やって思いました(笑)」。この日、難易度トップとなる最難関ホールをパーで切り抜け、首位で初日を終えた。

今シーズン、九州みらい建設グループレディースゴルフトーナメントで優勝するなど、ここまでステップアップツアーの賞金ランキングトップを走っている谷河。その好調の要因はパターにあるという。「結構前のホワイトホット2ボールパターを今年から使っています。32インチで短いんですけど、この長さがしっくりくるんですよ。ピンに寄らなくてもグリーンにさえ乗れば、2パットでいける自信があるし、ホント、パターさまさまです(笑)」。

本大会の初代女王は、昨年完全優勝を果たした小橋絵利子。「私、同期で同い年なんですよ。2年連続“エリコ”でいきたいですよね(笑)」と、明日も好調のパターを武器に難コースを攻略する。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ