ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2017.7.14

首位発進、岩橋里衣はブラインド作戦が大成功

<Photo:Masterpress/Getty Images>

2017年LPGAツアー第19戦『サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント』(賞金総額6,000万円、優勝賞金1,080万円)が7月14日、茨城県稲敷郡阿見町・イーグルポイントゴルフクラブ(6,667ヤード、パー72)で開幕した。今年から、距離延長で公式戦を除くツアー最長ヤードに。各選手が、「公式戦のように難しい」と口にした。4アンダーをマークした岩橋里衣は、自身初の首位発進。3アンダーの2位に黄アルム、3位は2アンダーで濱田茉優がつけている。(天候:晴れ 気温:31.7℃ 風速:3.9m/s)

 圏央道で一直線。首位に立った岩橋里衣は埼玉・白岡市の自宅から連日、通勤中だ。「今回は、ギャラリー駐車場がない。両親が試合を見たい、といっているし、それでは通おうということになった。自宅から50分ぐらいかかるけど、これも親孝行ですね」と上機嫌だった。好調の要因は前週から使い始めた1W。ヘッドはもちろん、シャフトが自身にぴったりだという。「アドレスした通りにクラブを振り下ろせば、その方向へ飛んでいく。ようやく、これだ、というものに出会うことができた」と解説する。

 とはいうものの、コースでは目の前の1打にかけるスタイルは変わらない。「成績などを意識すればだめになる。プロテストや、ステップ・アップ・ツアーなど、それは何度も経験済み。だから、きょうもインタビュールームへ来て、初めて自分がトップだったことを知りました」。淡々と語る。プロテストの受験回数は7回。「これが最後と決めた時に合格することができた」という。幼少時から「人の役に立つことをしたい」。海外青年協力隊へ応募することが目標のひとつ。

 そのためには資格が必要と考え、看護師を目指した。埼玉平成高へ入学したのは、「ゴルフと看護師。両方ができる」から。結局、高校2年で国体などに出場したことがターニングポイントとなって、プロゴルファーの道を目指した。「爆発力はありません。私は不器用だから、少しずつですよ」とマイペースをアピール。一方でユニークなのは、宿舎の選択法だった。「狭い部屋が苦手。ストレッチやトレーニングができるスペースが欲しい。でも、ホテルでそういう条件となると、とてもお金が続きません。だから、民宿などそういったところで探します」。

 たとえばヨネックスレディスゴルフトーナメントは、インターネットで検索して海の家を発見した。「コースの近くで探せば結構、穴場がある。おまけに宿泊料金も安い。一番、印象に残っているのは、ステップ・アップ・ツアーで徳島の試合だったと思う。廃校になった元小学校に宿泊。幽霊が出そうで怖かった。確か、3000円ぐらいだったと思います」と振り返っている。「雨露をしのげてストレッチができる部屋なら、オッケー。私の得意技は、どこでも眠れることです」。日本一堅実なハスラーは、愛すべきキャラクターだ。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ